ベージュ系大理石ズベボロイヤルのご紹介

シェアする

ズベボロイヤル(Svevo Royal)のしらべ

大自然が、はるかな時間をかけて作り上げた芸術品。偶然の産物が、素晴らしい見た目を提供してくれる。墨流しのような独特の紋様と、存在感に満ちた一味違う色調の、大理石のズベボロイヤルのご紹介です。

perlato-svevo-marble-quarry-quarry2-740b

perlato-svevo-marble-block-p167381-1b

perlato-svevo-marble-tiles-slabs-p123370-1s

原産地

大理石のズベボロイヤルはイタリア共和国南東部の、いわゆる「長靴」のかかとに当たる、プッリャ州バーリ県の ルーヴォ・ディ・プーリアというところで産出しています。

ここは雨の少ない地方で、わずかな雨も石灰質の土壌に吸い込まれます。大きな川もありません。

しかし、この地方はイタリアでも有数の穀倉地帯なのです。石灰質の土地に吸い込まれた雨水は、地下水となり、やがて清廉なわき水として再び地上に現れます。

広大なカルスト台地と鍾乳洞もあり、大理石を育む素養のある地域なのです。また、オリーブの生産は量、質共にイタリア随一を誇っています。

特徴

本磨き

本磨き

ズベボロイヤルはベージュを基本として、黄色に近い色調まで多様な地色があります。また、薄い色から、濃い色まで、濃淡も様々です。渦巻きの様な、まだらの模様が、緻密に入っているのも特徴のひとつです。

そうした外見の特徴から、ロットが違えば全く異なる石のように見える所もあります。このような見た目を利用して、例えば玄関内側の床と壁に、同じズベボロイヤルを使っても、違う大理石を使ったように見えるのも面白いでしょう。

岩石に繊細と言うのも変ですが、大理石はキズが付きやすく、太陽光や風雨、気温変化に対して弱い欠点があります。屋外では、特にツヤ落ちなど、見た目が劣化してしまいます。

留意点

ズベボロイヤルは非常にデリケートな大理石です。

色見の違い

地色はベージュが多いですが、地色がほぼ黄色の物もあります。タイル状の石板を利用して、広い場所に使うときは、ちぐはぐにならないように注意しないといけません。一度仮置きしてから、施工するとよいでしょう。

デリケートな性質

大理石は結晶質石灰岩の一種なので、格別酸に弱いです。屋外で使用した場合、最近の酸性雨で短い年月でも、ダメージを受けます。このような複雑な模様が特徴の、ズベボロイヤルは特に柄が褪せてしまいます。

適した製品

ズベボロイヤルを普段目にする機会は、あまりないと思いますが、次のような製品で使われいています。

上がり框

玄関の土間と床の間にある、化粧材の横木ことです。履物を脱ぐ所と、上り口の段差を少なくするために、設置します。

日本の家屋のほとんどの玄関には、上がり框があります。玄関に入ってすぐに目につく、その家の顔とも言えるものです。ふつうは美しい木材を使いますが、ズベボロイヤルの色と細かな模様が、日本建築にもマッチします。

ニッチ

厚みのある壁に、美術品などを飾るための、くぼみをつけたものを指します。洋風の建築物にみられる、壁です。ズベボロイヤルの優しい色合いが、絵画や彫刻の邪魔にはならず、むしろ引き立ててくれるでしょう。

まとめ

地中海に突き出た半島の先で、切り出されている、大理石。色の濃淡や模様の複雑さが様々な、ズベボロイヤルは、見ていて飽きません。この大理石の中に大地の長大な時間を、垣間見ることもできるでしょう。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

300角…12000円
400角…12000円
600角…20000円

2017年3月のしらべ