クリスタル大聖堂( Crystal Cathedral )

シェアする

「クリスタル大聖堂」のご紹介

世界で初めて作られたディズニーランドのすぐ近くに、お城のようなガラスの教会が建っています。メガチャーチと呼ばれる、巨大な教会建築の始まりとも言われた建造物です。週末になると数千人の信者が礼拝に訪れる、光り輝く「クリスタル大聖堂」をご紹介します。

「クリスタル大聖堂」の設計者

アメリカの近代建築とモダニズム建築の代表と言われた、フィリップ・ジョンソンは、後にポスト・モダニズムへと移行していきました。20世紀の初頭では、ヨーロッパを中心に合理的で機能性を重視した建築物がもてはやされていました。しかし、そのような機能性のみに重きを置いたことで、見た目を全く度外視するような味気ない建物になっていたのです。20世紀の後半になるとポスト・モダニズムと言われる、機能性はそのままに、外見の美しさにも重点を置くような建築スタイルが生み出されてきました。彼はアメリカ建築界の巨匠とも呼ばれていますが、このような建築におけるスタイルの変遷を経験してきたことが大きな要因となっているのではないでしょうか。また、才能は元より資金力や情熱、行動力もあった事は、多くの高層建築を実現させてきた理由になるでしょう。

「クリスタル大聖堂」の所在地

「クリスタル大聖堂」は、アメリカ合衆国の西海岸にあるカリフォルニア州のオレンジ郡に建っています。大都市であるロサンゼルスのすぐ南にあり、週末のレジャーを楽しむ人が多く詰めかけます。ここは世界で初めて作られたディズニーランドを代表にいくつかのレジャー施設があります。また、小さな街ほどもあるような、大規模なショッピングモールも複数営業しています。太平洋岸に位置するところで、美しいビーチも散在していて、多くの海水浴客が訪れます。サーフィンをするのに最高の浜辺もあり、大きな大会も開催されています。穏やかな気候で、年間の平均気温は20℃、一年の約7割から8割が晴天になる地域なので、世界中からの観光客も一年を通して多く訪れます。

「クリスタル大聖堂」の特徴

1980年に完成した「クリスタル大聖堂」は、晴天の空に溶け込むように建つ、巨大なガラスの城のようです。鋼の骨組みと1万枚以上の長方形のガラスで作られています。内部から見る空はモザイクの様でとても明るく、世界最大級のパイプオルガンが荘厳な空間を演出しています。祭壇などを備えた内陣と呼ばれる場所は、大理石の床でしつらえてあります。一番高い塔のような建造物は、およそ13階建ての高さに当てはまります。日本と同じく太平洋岸の地震多発地域ですが、マグニチュード8クラスの地震にも耐えるように設計されています。

「クリスタル大聖堂」のまとめ

近くにあるディズニーランドリゾートの約半分の敷地には、「クリスタル大聖堂」の他にも気軽に立ち寄れるカフェや、噴水、宗教的な彫像が点在しています。週末には多くの信者が礼拝に訪れますが、広い教会内ではコンサートなども頻繁に開催されています。夕焼けの朱や曇天の鈍色など、空の色と共に百様の姿を望むことのできる「クリスタル大聖堂」は、正に天を映すカテドラルと言えるでしょう。