ロイズ・オブ・ロンドン(Lloyd’s of London)

シェアする

「ロイズ・オブ・ロンドン」のご紹介

古い歴史のある堂々とした建物と、近未来的なガラスと鉄骨の建築物が混在するロンドンの街に、ひと際目立つメタリックなビルがあります。あらゆるものに保険が掛けられると言われるロイズ保険組合の本拠ビル「ロイズ・オフ・ロンドン」をご紹介します。

「ロイズ・オブ・ロンドン」の設計者

イギリス人のリチャード・ロジャースは1933年にイタリアで生まれました。彼は、多くの著名な建築家を輩出したイギリスの建築学校で学んだ後に、アメリカに留学しました。大学を卒業後にアメリカの建築事務所で経験を積み、イギリスに帰国後、建築に関する同じ主張を持つ人たちと「チーム4」と言うグループを結成しました。チームを解散した後も色々な建築家と共同で大きなプロジェクトを成功させ、実力をつけ、自分の事務所を開設しました。その後、最初に手掛けたのが「ロイズ・オブ・ロンドン」です。都市計画にも関わり、その為に政治の世界にも進出しました。それにより、一代限りではありますが、男爵の爵位も持っています。

「ロイズ・オブ・ロンドン」の所在地

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)は4つの国で構成されているので、ロンドンは事実上の首都とされています。面積は東京23区よりも狭いのですが、その中に8つもの空港があります。国際的にはヒースロー空港が有名ですが、地方向けなどの空港があります。有名な公共交通も多く、2012年の夏季オリンピックの時にテムズ川を渡るロープウェイの「エミレーツ・エア・ライン」を作りました。歴史のある交通機関としては、通称ブラックキャブとも言われるタクシーや赤い二階建てバスがあります。また、世界で最初に地下鉄が開通したのはロンドンで、19世紀の半ばに開通しました。

「ロイズ・オブ・ロンドン」の特徴

建物の中も外も、メタリックでパイプがたくさんある化学工場のように見えます。外観で一番目を引くのは外階段でしょう。螺旋を描いた階段をステンレスのパネルが覆っているので、電動ドリルの刃のような形になっています。他にも空調や電気などの配管も外側にむき出しの状態で設置してあるので、尚更、工場のようです。内部は、ほぼ空洞で、中央にあるエスカレーターが印象的です。また、壁がほとんど無くオープンオフィスの形をとっているのは、業務が増えることも想定して、オフィスの形態を自在に変えられるように設計されているからです。

「ロイズ・オブ・ロンドン」のまとめ

ロイズ保険組合の本拠ビルなので、通常では関係者以外は中を見ることはできません。外観が奇抜だったり変わった建物だったりすると、中も見てみたくなりますが企業のビルなどでしたら立ち入りを制限されるのは仕方のないことです。しかし、ロンドンには粋な行事があるのです。毎年9月にオープン・ハウス・ロンドンと言うイベントがあり、2日間だけ日頃中に入ることのできない建物を誰でも見学できるのです。年に一度だけ「ロイズ・オブ・ロンドン」は多くの一般の人々の好奇心を満足させてくれます。