マラパルテ邸(Casa Malaparte)

シェアする

「マラパルテ邸」のご紹介

まるで映画の舞台になりそうな家があります。青い海を背景にした、岬の突端に建つ印象的な赤い家です。建てられた年代を考えると、時代を先取りした、そして時代を作った建物と言えるでしょう。地中海の島に建つ「マラパルテ邸」をご紹介します。

「マラパルテ邸」の設計者

イタリアの近代建築の一様式を代表する建築家、アダルベルト・リベラが「マラパルテ邸」の設計をしたとされています。1903年にイタリア北部のトレント近郊の町で生を受けました。若いころには美術と建築を学び、大学の在学中にイタリアの未来派と呼ばれる前衛芸術の運動家達と親交を持っていました。世界大戦中も複雑なヨーロッパの政局の中で、建築家として活躍していました。鉄やコンクリート、ガラスを使って建築するモダニズム建築の代表としての名声を勝ち取りましたが、後に古典的な建築物との融合も果たしています。戦後も公共の建物や、集合住宅等を手掛けましたが、五十九歳の若さでこの世を去りました。

アダルベルト・リベラ

クルツィオ・マラパルテ

「マラパルテ邸」の所在地

イタリア共和国の南部、ナポリ市の沖合に浮かぶカプリ島に「マラパルテ邸」は建っています。地中海の一部、ティレニア海に位置していて、島の周りは断崖が多いことで有名です。断崖には海の波による浸食を受けた洞窟がたくさんあり、世界的に名が高い「青の洞窟」があります。潮の引いた時に小舟でしか入る事ができませんが、洞窟の中はかなり広く、小さな入口から射す日光が海水に屈折されて、とても美しい青い色に染まります。その他にも、珊瑚や白などの名前が付いた大小の観光できる洞窟が散在しています。特産物はレモンが多く栽培され、別名「レモン島」とも呼ばれています。山の斜面は一面レモン畑で、リモンチェッロと言う強いお酒やレモンジュース、レモンを使ったお菓子や、料理も作られています。

「マラパルテ邸」の特徴

イタリアの作家でありジャーナリストでもあった、クルツィオ・マラパルテの別荘として建てられました。カプリ島の岬を一つ買い取り、そこの一番端に建てた赤茶色をしたレンガ色の家です。上から見ると、屋上に続く幅の広い階段が目立ちます。屋上は日光浴を楽しむための場所だったようで、白い曲線が美しい壁があり、風除けと崖上からの目隠し等の為に作られました。海面から三十数メートルの高さにある建物で、居ながらにして地中海のパノラマを眺めることができたでしょう。マラパルテの死後は放置されていましたが、二十世紀後半に改装されて、今は私有地となっているので外観を見るくらいしかできません。

「マラパルテ邸」のまとめ

この建物については色々な解釈が飛び交っていて、設計もアダルベルト・リベラが書いたものと、実際の建物が違う事から、クルツィオ・マラパルテがかなりの部分を手直ししたのではないかと言う説もあります。周りの風景と一体化して絵の様な「マラパルテ邸」は、実際の映画の舞台に使われたことがあります。諸説ある「マラパルテ邸」は、今も崖の上の赤い家として静かな佇まいを保っています。