トーレ・アグバール(Torre Agbar)

シェアする

「トーレ・アグバール」のご紹介

地面から生えてきたようなビルが、スペインの街に建っています。碁盤の目の様な四角く区切られた町並みの中に、そそり立つような円筒形のビルです。吹き上げる水をイメージした「トーレ・アグバール」をご紹介します。

「トーレ・アグバール」の設計者

1945年にフランスの南西部にある街に生まれた、ジャン・ヌーヴェルが「トーレ・アグバール」の設計を手掛けました。ガラスを用いた建築を得意としています。近年の高層ビルは外壁にガラスを使う事が多いですが、彼の作る建物はそれだけにとどまりません。様々な加工のガラスを使って、採光や反射を利用した光の空間を作り出しています。反射の角度を調整して、屋内の奥深くに自然の光を取りこむ方法も取られています。また、見る角度によっては、背後の景色に溶け込んで透明になってしまうような建物も作ってしまいます。逆に透明で有るはずのガラスを使って、一風変わった存在感を引き出す建造物も生み出しています。

「トーレ・アグバール」の所在地

スペイン王国の北東部、地中海の沿岸にあるバルセロナに「トーレ・アグバール」は建っています。ヨーロッパにあるほとんどの大都市と同じく、街の起こりは紀元前まで遡ることができます。中世において、街の成長と共に人口も増え、過密になった街を何とかする為に取り入れられた方法で、碁盤の目の様な正方形で区切られた町並みをしています。上空からの写真で見るとよくわかります。美しい教会など、中世の建物が多く残され、博物館や美術館も数多くあります。世界遺産に登録されている建造物もたくさんありますが、中でも珍しいのは病院だった建物が登録されていることです。穏やかな気候も手伝って、一年を通して多くの観光客が訪れています。


「トーレ・アグバール」の特徴

トーレとは塔を表すスペイン語です。アグは同じくスペイン語の水を表すアグアスで、バールはバルセロナの事です。バルセロナの水道会社が作らせた高層ビルで、円筒形をしていて、天頂部は丸くなっています。全面開閉可能な4,500枚のガラスがブラインドになっていて、温度センサーと連動して気温の変動で開閉するようになっています。壁の色は下の方が赤く、上部に行くに従って青い色になっています。暗くなってLEDの照明が付くと、とても綺麗な色に見えます。まるで炎と水の共演の様です。季節や催し物によっては、違う色や模様も描き出すことができるようになっています。2005年、スペイン国王の誕生日に落成したこのビルは、将来はホテルとしても使われる予定です。

「トーレ・アグバール」のまとめ

水道会社の建物なので、高く吹き上げる水をイメージしたと言われますが、もうひとつ設計者が参考にしたものがあります。バルセロナ近郊にある山の奇岩によく似た形状をしているのです。モンセラートと言う山にある山肌の岩に似ています。このように、自然の形を近代的な高層ビルに映し出すことは、一つの挑戦ではないでしょうか。