ヘルシンキ現代美術館(Helsinki Contemporary Art Museum)

シェアする

「ヘルシンキ現代美術館」のご紹介

建築家にとって、美術館の設計は頭を悩ます案件の一つではないでしょうか。館内に収められる数々の美術品の品位を下げることなく、入れ物としての建物の外観をいかにアピールするかと言う、デザイン性の上で難しい要求を果たすことが求められるでしょう。「ヘルシンキ現代美術館」はシンプルな中にも個性が光る美術館です。

「ヘルシンキ現代美術館」の設計者

アメリカ人のスティーヴン・ホールは、とても個性的な方法で建物の設計をします。まず、依頼の内容を精査して、周りの環境や依頼の要求をスケッチして表現するのです。現在、彼は世界中で活躍していますが、どこにいてもスケッチすることができるようにしています。優秀なスタッフが周りにいて、中国からアメリカに帰る前にスケッチをオフィスに送り事務所に帰った時には、それを元にスタッフが図面化し、3Dの模型も作り上げている。と、言うエピソードもあります。今世紀に入って、アメリカの有名な雑誌であるタイム誌に「目と心の両方を満たすことのできる最高の建築家」と称賛されています。

「ヘルシンキ現代美術館」の所在地

フィンランド共和国の玄関口と言われる首都ヘルシンキに、この美術館はあります。北欧の国フィンランドの南部、バルト海の奥にあるフィンランド湾に面した街です。バルト海沿岸には古くから数々の国があります。その国々との交易の為に、また、ライバルとされていた現在のエストニアの首都エリンに対抗する為に16世紀にヘルシンキの街が作られました。しかし、都市に発展するまでには長い年月を要しました。中世のヨーロッパにおける様々な要素と混乱に翻弄されて、19世紀になってやっと都市としての様相が表れてきました。緯度が高いわりに気候は穏やかで、中世の佇まいを多く残すこの街はフィンランドを訪れる人々を引き寄せ、にぎやかな様子を見せています。

「ヘルシンキ現代美術館」の特徴

この美術館は「キアズマ」と呼ばれていて、1998年に開館しました。キアズマとは簡単に説明すると交差、または、目が物を見る際の生物学的(視神経)な状態を指します。美術館の名前としては妥当ですね。正面から見ると、逆Dの字を細長く引き伸ばしたような形で、直線と曲線をうまく混ぜて使われています。引き延ばされた側面も湾曲していて、館内もその形にあわせてゆるやかなカーブを描いています。敷地が狭いことが難題でしたが、上下の空間をうまく使うことで克服しています。通路や休憩のスペースに高い吹き抜けを随所に設けています。

「ヘルシンキ現代美術館」のまとめ

この美術館は、単に美術品を鑑賞する為だけに作られたわけではありません。市街地にあるこの美術館は、館内にカフェなどもあり市民の憩いの場を提供しています。また、体験コーナーもあり、美術に関する様々なことを実際にやってみることができます。子供たちに人気のあるコーナーになっているようです。見るだけでなく、興味をそそり、関心を高める機能を備えた美術館なのです。