ハルパ・レイキャヴィク・コンサートホール&会議センター(Harpa Reykjavik Concert Hall and Conference Centre)

シェアする

「ハルパ・レイキャヴィク・コサートホール&会議センター」のご紹介

北国では長い冬が終わりを告げ、短いながらも訪れる春から夏への季節はお祝いをしたいくらい待ち遠しいものではないでしょうか。アイスランドの夏の始まりの日は喜びとともに、「ハルパ」と呼ばれています。その「ハルパ」の愛称を持つホールが「ハルパ・レイキャヴィク・コサートホール&会議センター」です。

「ハルパ・レイキャヴィク・コサートホール&会議センター」の設計者

光の巨匠と謳われているヘニング・ラーセンは、1952年にデンマークの西部にあるオプスンドと言う町で生まれました。デンマークは比較的緯度の高いところにある国で、長い冬と短い夏を繰り返す地域です。冬季は日照時間が少なく、日の光が差す時間をとても大切にしています。明かりと言う点からみれば人工照明も大事にしてきました。その様な環境の中で育ってきたヘニング・ラーセンは、建築物を作る時には明るさと空間のバランスに重きを置いています。彼の作品は、自然の様々な物をモチーフにしている事も特徴の一つです。

「ハルパ・レイキャヴィク・コサートホール&会議センター」の所在地

北大西洋に浮かぶ島、アイスランドの首都であるレイキャビクの港に「ハルパ・レイキャヴィク・コサートホール&会議センター」が建っています。アラスカと同じくらい緯度の高いところで、世界で一番北にある首都となっています。ヨーロッパ大陸とグリーンランドの中間点で、北大西洋の暖流と寒流のぶつかり合う場所なので昔から良い漁場に恵まれていました。また、暖流のおかげで高緯度の割には比較的温暖な気候です。夏季は気温が低いのですが、冬季はあまり下がりません。この都市は、多くの事柄でクリーンエネルギーを活用していることは、世界をリードしている地域と言えます。例えば、暖房や給湯には地熱エネルギーを利用し、路線バスに燃料電池車を導入したのも世界初になります。

「ハルパ・レイキャヴィク・コサートホール&会議センター」の特徴

全面ガラスの建築物は他にもありますが、「ハルパ・レイキャヴィク・コサートホール&会議センター」は他と一線を画しています。透明で巨大なハチの巣の様な外観です。天井の高い広い空間が屋内にありますが、明るい水晶の洞窟にいるようです。この形状は設計者のヘニング・ラーセンが、この地域でよく見られる「柱状節理(ちゅうじょうせつり)」と言う岩石の形状をイメージしているとのことです。六角柱の岩石が寄り集まったものです。港のすぐそばに建てられているので、波の静かな時には水面に移る「ハルパ」のガラスの煌めきが2倍になったように見え、夕闇で映る姿は美しいものがあります。

「ハルパ・レイキャヴィク・コサートホール&会議センター」のまとめ

2007年に建築工事が開始されましたが、アイスランドの経済が停滞したことで一時は建築中止になるところでした。周辺の開発計画は多少縮小されましたが、「ハルパ・レイキャヴィク・コサートホール&会議センター」は、無事2011年に完成しました。1万枚以上のガラスを使って作られた「ハルパ」は、白夜と極夜を繰り返すこの地の一つの明かりとも言えるのではないでしょうか。