WoZoCo

シェアする

「WoZoCo」のご紹介

高齢者専用の集合住宅と聞いて、およそイメージしないであろう外観の建物がヨーロッパの街に建っています。とてもカラフルで、何よりも奇想天外な建物です。Woon Zorg Complex(高齢者用複合住宅の意)の頭文字を取った「WoZoCo」をご紹介します。

「WoZoCo」の設計者

オランダのロッテルダムに本拠地がある、世界的に有名なMVRDVと言う建築家グループが「WoZoCo」を設計しました。設立間もない頃の作品と言っても過言ではない建物ですが、この集合住宅を手掛けたことがMVRDVの名前を一気に高めました。彼らの手法は、当該建築物を作る為の要求や予算、また建築に関する法律など全ての要因をデータ化して、可視化したものをそのまま利用すると言う方法を使っています。特に要求と法規制がぶつかる事が多いようですが、そのどちらの条件も満たすことを考えます。そのため外観がとてもユニークな物になったり、風変わりなものになったりしているようです。わざわざ目立つ建物を作っているわけではなく、なるべくしてなった建築物が出来上がっているということですね。
MVRDVは設立メンバーの名前から取っています。ヴィニー・マースのM、ヤコブ・ファン・ライスのVとR、ナタリー・デ・フリースのDとVです。

ヴィニー・マース

ヤコブ・ファン・ライス

ナタリー・デ・フリース

「WoZoCo」の所在地

「WoZoCo」はオランダ王国の首都アムステルダムに建っています。アムステル川をせき止めて作られた街と言う事から、アムステルダムと名付けられたようです。小さな漁村だった場所が、地の利を使った海運業で栄え、一時は世界貿易の中心とまで言われた都市になりました。大小の百五十以上ある運河が中央駅を中心に網目状に広がり、「北のヴェネツィア」とも呼ばれる水の都になっています。運河周辺には中世の栄華を誇った豪商などの建物等が残り、遊覧船での運河めぐりが楽しめます。また、ゴッホやレンブラントと言った素晴らしい芸術家を輩出していることから、数多くの美術館や博物館があります。一年を通して寒冷ですが、極寒になることもあまりないので過ごしやすい気候の地域です。このような条件が整っていることで、世界中から多くの観光客が訪れています。

「WoZoCo」の特徴

100戸の老人用集合住宅と言い、「OKLAHOMA」(オクラホマ)と言う固有の名前が付いています。一番の特徴はとにかく飛び出している建物です。当初の計画では、法律上87戸しか住居が作れなかったのですが、どうしても100戸にしたいということで、13戸は飛び出してしまったのです。その上、バルコニーが通常より広いので、これも飛び出しています。建物を横から見ると圧巻です。下に道がありますが、ここを通行するのはちょっと怖いかもしれません。もう一つの特徴は、カラフルなことです。バルコニーが透明な素材で作られ、青やグリーン、オレンジや紫の色が付いています。屋外にあるもう一つの部屋と言っていい広さがあり、とても明るいイメージがあります。

「WoZoCo」のまとめ

老人とか高齢者とかの定義は国によって違いますが、この「WoZoCo」に入居する権利は五十五歳以上でなくてはなりません。日本とはずいぶん違いますが、ヨーロッパの国々は高負担、高福祉、若しくは、中負担、中福祉と言った政策を採っています。税金は高くても高度な福祉を受けられるということです。集合住宅とは言え「WoZoCo」のような家なら、楽しい老後が送れそうですね。