マサチューセッツ工科大学学生寮(Massachusetts Institute of Technology Student Dormitory)

シェアする

「マサチューセッツ工科大学学生寮」のご紹介

大学の学生寮がこんなにおしゃれな建物だと、学生さんがうらやましくなってくるかもしれません。更に機能性まで重視されているとなると、尚更です。アメリカの有名な大学の学生寮をご紹介します。

「マサチューセッツ工科大学学生寮」の設計者

建築家のスティーヴン・ホールは、1947年アメリカのワシントン州で生まれました。ワシントン大学を卒業後、ヨーロッパに留学し、ロンドンの有名な建築学校で建築を学びました。帰国後ニューヨークに事務所を構え建築家としての活動を開始しました。当初はアメリカ国内での活動が多かったのですが、1991年に日本の福岡県にある、いわゆるデザイナーズマンションのプロジェクトに参加したことが、彼が海外で活動するきっかけになったようです。このことは、幼いころ彼の父親が日本に滞在していたことで、日本の文化に触れる機会のあった彼には当然の事だったかもしれません。最近ではヨーロッパやアジアでも彼の活躍の場は広がっています。

「マサチューセッツ工科大学学生寮」の所在地

アメリカ合衆国のマサチューセッツ州ケンブリッジに、この学生寮はあります。イギリスにも同じ名前の街がありますが、同じように学園都市として栄えています。入植当初はキリスト教の一派の人々が大勢やってきました。この地の最初の大学は牧師を養成するために作られました。その後、多くの大学がこの街にキャンパスを構えました。中には世界的に有名な大学もいくつかあります。初等、中等の学校もありますが、公立よりも大学進学のための私立の学校が多く作られています。このような環境なので、多くのIT企業や各種研究機関もこの街に拠点を置いています。

「マサチューセッツ工科大学学生寮」の特徴

この学生寮は「シモンズ・ホール」と言う名前が付いています。10階建てのかなり大きな建物です。遠くから見ると有名なパズルゲームのブロックに見えます。近づいてみるとニックネームにあるように巨大な「スポンジ」のように見えます。更に近づくと、たくさんの四角い窓が目立ちます。正面からは穴あきのグレーの建物ですが、斜めから見ると柱の横側に赤や青などの色がついているので、とてもカラフルです。このように、見る角度と場所によって印象の変わる建築物です。無機質的な外見と違って、内部には広い空間と曲線を使った有機的な雰囲気のホールも備えています。

「マサチューセッツ工科大学学生寮」のまとめ

当然の事ながら基本的には部外者は中に入ることはできません。しかし、大学側と交渉すればツアーとしての見学は可能のようです。工科大学の学生がこの寮で生活しながら学ぶことで、このような素晴らしい建築物を作るような人材が生まれるかもしれません。後進を生むのは学校だけとは限らないですね。