100 11THアベニュー(100 Eleventh Avenue)

シェアする

「100 11THアベニュー」のご紹介

世界でも有数の大都会にある窓だけで作られたような集合住宅があります。様々な大きさと形の窓枠とガラス窓がたくさんあり、どこからでもマンハッタンの街並みを見晴らすことができます。23階建ての建物「100 11THアベニュー」をご紹介します。

「100 11THアベニュー」の設計者

ジャン・ヌーヴェルは、1945年にフランスの南西部にあるフェメルで生まれました。二十歳を過ぎてから建築を学び始め、学業の途中で早々と建築事務所を開設しました。卒業までは、学生と建築家の二束のわらじだったようです。彼は、施工主の要求を果たすためだけの建物でなく、周りの環境にも配慮した建築物を作っています。例えば、建築予定場所の周辺に、すでに建っている建物と調和するデザインを取り入れる。または、全く反対に当該の建築物がその周辺の中心となるようなものを作る。と、言うような景観を重視した方法を取っています。

「100 11THアベニュー」の所在地

アメリカ合衆国のニューヨークにあるマンハッタン地区のチェルシーに「100 11THアベニュー」は建っています。ニューヨークには「ビッグアップル」、「ゴッサム」などの愛称がありますが、ここに住んでいる人たちだけでなく、愛称が世界中で使われている街は少ないのではないでしょうか。16世紀にヨーロッパから探検家たちが来るまでは、先住インディアンの規模の大きい一種族が住んでいました。17世紀に入るとヨーロッパの国々からの植民が始まり、この土地にいろいろな名前が付けられましたが、17世紀の中ごろにイギリス人が当時の国王の名前からニューヨークと名付け定着しました。19世紀の終わりには自由の女神も建立され、20世紀の初頭にかけて地下鉄や摩天楼の建設が行われて、現在のニューヨークの基盤が出来上がってきました。

「100 11THアベニュー」の特徴

2010年に竣工した、モノトーンのモザイク模様のようなビルです。23階建ての集合住宅で、下の階にはレストランやジム、プールなどがあります。鉄骨とガラスだけで作られているように見える、どちらかと言うと愛想のない建物です。しかし、約1,700枚のガラスを使った大変多くの窓があり、どの部屋からも素晴らしい景観が望めるようになっています。この眺望の良さを指してジャン・ヌーヴェルは「100 11THアベニュー」を「ヴィジョン・マシン」と呼んでいます。建築方法も最新の技術が使われ、多くのガラスは壁にもなっていますが、稼働できる壁として成り立っています。従ってこのビルの壁は建物を支えるようにはできていません。この方法は「カーテウォール・システム」と言い、これのおかげで環境に優しい建物になっています。

「100 11THアベニュー」のまとめ

隣に建っているとても近代的なビルと、近くに多く残っている石造りの建物との調和を保つように、設計者のジャン・ヌーヴェルは地域の特徴を壊さないように配慮した設計にしました。その為、彼は「100 11THアベニュー」はここ以外のどこにも建てることはできないと言っています。使用する人の利便性と、景観などの環境を共に満足させることのできる集合住宅なのです。