MUSAC

シェアする

「MUSAC」のご紹介

ヨーロッパには多くの教会や礼拝堂があります。それらの建物には、神様に祈りを捧げる場にふさわしい荘厳な雰囲気があり、それに加えて美しい場所でもあり、日の光がステンドグラスを通して屋内をきらびやかに彩ります。スペインの街にある美術館は、そのステンドグラスに負けないほどの色が外観を装っています。カスティーリャ・イ・レオン現代美術館「MUSAC」をご紹介します。

「MUSAC」の設計者

「MUSAC」は数多くの美術館や博物館、図書館などをデザイン、設計しているマンシーリャ+トゥニョン アルキテクトスが手がけました。ルイス・モレノ・マンシーリャ(1959~2012)とエミリオ・トゥニョン(1958~)の二人が1992年にスペインのマドリードに開設した建築事務所です。共にマドリードの生まれで、同じ建築大学で学び、スペインを代表する著名な建築家の事務所で働いていました。彼らの作り出す建物は基本的にシンプルな形のものが多く、美術館や博物館、図書館、市役所など公共の施設を多数手掛けています。また、母校をはじめ、いくつかの学校で教鞭も取っています。彼らの作品は建築物であり美術品でもある、と言う査証にスペインの由緒ある美術や芸術家に授けられる賞を受賞しています。

左ルイス・モレノ・マンシーリャ  右エミリオ・トゥニョン

「MUSAC」の所在地

「MUSAC」は、スペイン王国の北部に位置するレオンの市内にあります。10~13世紀にかけては独立した王国でした。その当時の首都であったレオンには宮殿や大聖堂が作られ、今日まで残されています。中でもレオン大聖堂は、世界でも最大級のステンドグラスがあり、信者や観光で訪れる人が後を絶ちません。威厳と優雅さを備えた建造物です。また、議会の庁舎は昔の宮殿の一つが使われています。近隣には大自然の美しさを満喫できるところもあります。長大な時間をかけて自然が作り出した彫刻とも言える鍾乳洞や、石灰岩が浸食されてできた奇岩の連なりを見ることができます。

「MUSAC」の特徴

基本は白いコンクリート製の建物ですが、正面玄関の周りはカラーサンプルをバラバラにしてつなぎ合わせたような、とてもカラフルな外観です。2005年に完成した美術館で、正面から見える壁の部分に全部で42色の色ガラスがはめ込まれています。色の組み合わせはランダムになっています。形状も少し変わっていて、四角い建物をちょっとだけゆがめた形になっています。垂直面もそうですが、上からみるとよくわかるように、水平面も四角形をずらしてゆがめたような形態です。いくつかの小さい建物を連結している形で、複数の空き地部分が完全な中庭となっています。

「MUSAC」のまとめ

多くの色を使ったものは「まるで虹の様」と言われることがよくあります。「MUSAC」に使われている色は鮮やかな色ではありません。しかし、並べる順序などのせいでしょうか、とても鮮明な色に見え、まるでマジックのようです。このような色鮮やかな玄関で観客を出迎えるのは、現代の芸術品を納め、展示する建物として相応しいのではないでしょうか。正面玄関にも掲げられている「MUSAC」の文字は、ちょっと味気ないような気がしますが、スペイン語で現代美術館を表す単語の頭文字を取ったものです。