ミラドール(Mirador)

シェアする

「ミラドール」のご紹介

古来より相互扶助や、外敵から家族や一族を守ると言う理由で、共同生活を送っていた記録が世界各地に残されています。中には、ユネスコの世界遺産に登録されている集合住宅もあります。現代の集合住宅は、土地の有効利用目的で建造されることが多いようです。「ミラドール」は、ヨーロッパの都市に建つ人目を引く集合住宅です。

「ミラドール」の設計者

MVRDVと言う建築家のグループが「ミラドール」の設計者です。1991年に設立された建築事務所で、オランダのロッテルダムにオフィスを構えています。MVRDVの由来は、設立メンバーの名前から取っています。ヴィニー・マースのM、ヤコブ・ファン・ライスのVとR、ナタリー・デ・フリースのDとVです。ヴィニー・マースとヤコブ・ファン・ライスはオランダの著名な建築事務所の出身です。彼らの作る建物は、奇抜な外見のものが多いのですが、わざわざ奇抜にするのではなく、空間の有効利用を考えるとそういう形になるそうです。その建物を使う人々が、いかに心地よく利用できるかを考慮した結果が奇抜な形に現れているのでしょう。

左よりヴィニー・マース、 ヤコブ・ファン・ライス、 ナタリー・デ・フリイス

「ミラドール」の所在地

スペイン王国の首都マドリードに「ミラドール」は建っています。ヨーロッパの西端に位置するイベリア半島のほぼ中央部にある街です。太古から人が住んでいた古い歴史のある街で、街の名前の由来はアラビア語で水の源と言う意味の「アル・マジュリート」と呼ばれた川が近くにあった為です。現在のマドリードはスペインの中でも最大の観光地となり、国内外から大勢の人々が訪れています。中世の建造物が多く残され、お城や教会をはじめ、各種の広場があり、周りを取り囲む建物に時代を感じさせるものがあります。街の中心部にあるプエルタ・デル・ソル(太陽の門の意味)は、中世における城壁の一部でしたが、現在は街一番の繁華街となっています。


「ミラドール」の特徴

古い建造物が多くある街に、突然現れた巨大なおもちゃのブロックのような集合住宅です。一番目立つのは、地上40mの位置にある大きな空洞部分です。遠くから見ると四角い建物の窓の様に見えます。この空間は住民の憩いの場にもなっていて、屋外での活動が行えるようになっています。「ミラドール」とは展望台とか見晴らし台と言う意味があり、街や遠くの山々が一望できるようです。色も特徴的な感じになっています。九のブロックにわけられている住宅部分は白やグレーのモノトーンですが、通路や階段が赤い色になっていて一段と目立つ建物になっています。

「ミラドール」のまとめ

「ミラドール」はマドリードの低所得者用の集合住宅ですので、街の郊外に建っていますが、そのおかげで自然の景観は良いものになっているようです。高層住宅はたくさんありますが、空中公園の様な場所がある所は他に類を見ないでしょう。156戸の住居が入っている集合住宅ですが、共同の場所とは言え広い空間がある建物は、一戸の住宅の狭さを補っても、ありあまるのではないでしょうか。