ニテロイ現代美術館(Museu de Arte Contemporanea de Niteroi)

シェアする

「ニテロイ現代美術館」のご紹介

美術館は、そこに納められている数々の芸術品を展示するために建てられます。また、素晴らしい作品が劣化しないように管理することも美術館の役割の一つです。最近では建物そのものが芸術品と言ってもよいような美術館も建てられています。南米にある「ニテロイ現代美術館」も芸術作品と言える建物です。

「ニテロイ現代美術館」の設計者

オスカー・ニーマイヤーは、1907年ブラジルのリオデジャネイロにあるドイツ系の家族の元に生まれました。国立の大学で建築を学び、卒業後に当時の有名な建築家の元で働きました。その頃にヨーロッパの著名な建築家と出会ったり、公共の建築物を手掛けることになったりと、その後の彼の活動に影響を与えました。ブラジルの新首都であるブラジリアは近代都市としては初めて世界遺産に登録されましたが、この首都移転の為のプロジェクトにも参加して、数々の建築物を生み出しました。しかし、その直後には政治的な問題で国にいられなくなり、約20年の間パリで活動することになりました。「インディオか黒人の血が混じっているかもしれないが、それは自分にとって誇りである」と言っていた彼は、2012年リオデジャネイロで104歳という長寿を全うして亡くなるまで、建築家として精力的に活動していました。

「ニテロイ現代美術館」の所在地

ブラジル連邦共和国のリオデジャネイロ州ニテロイの岬に「ニテロイ現代美術館」が建っています。以前は首都であったリオデジャネイロ市の隣の街で、グアナバラ湾の対岸になります。ニテロイの名は広く南米に住む原住民族の言葉で「隠れた水」という意味を持っています。大西洋に面した良い湾を持つこの地域は、インディオの集落がありました。16世紀にヨーロッパからポルトガル人がやってきて、漁港として繁栄するようになってきました。現在でも漁業は、この地域の重要な産業の一つです。対岸の大都市のすぐそばにありますが、美しい自然がたくさんあり、住民は富裕層が多く憧れの街とも呼ばれています。

「ニテロイ現代美術館」の特徴

上空から見ると発芽した種子のように見えます。美術館本体は白い円形の建物で、そこに至る赤いスロープが美しい曲線を描いています。1996年に完成した「ニテロイ現代美術館」は設計者が「花をイメージして作った」と言っています。海に囲まれた岬の突端に建っていますが、国内で2番目に多いコレクションを収めるには敷地が少なかったようです。その問題を解決するためにこのような形になったと言うことです。大杯のような形は必然だったのかもしれません。円形の建物の全周に窓があり、360度の素晴らしい眺めが得られます。この眺めも作品の一つなのではないでしょうか。

「ニテロイ現代美術館」のまとめ

設計者は「花」と言っていますが、地元住民は親しみを込めて「Disco Voador(空飛ぶ円盤という意味)」と呼んでいます。確かにUFOにも見えますが、美しい形であることには変わりはありません。柔らかな曲線を持たせた建物を多く作り出してきたオスカー・ニーマイヤーの作品らしい形の美術館です。「ニテロイ現代美術館」は、納めている芸術品に負けることのない、シンプルではありますが素敵な建物です。