オスロ・オペラハウス(Operahuset i Oslo)

シェアする

「オスロ・オペラハウス」のご紹介

北極海に浮かぶ氷山は多様な形と大きさのものがあります。太陽の光を受け輝く白や、海の色を映した青や翠色の宝石の様な色をしたものもあります。その、氷山を思い起こさせるようなコンサートホールが、北欧の街にある港に建てられています。「オスロ・オペラハウス」は白く美しい建物です。

「オスロ・オペラハウス」の設計者

スノヘッタはノルウェーのオスロに本拠地があり、アメリカのニューヨークにも拠点を置くデザインと建築の事務所です。ノルウェーの建築家シェルティー・トールセンと、ドイツ生まれのクレイグ・ダイカースと言うアメリカで活動している建築家の二人が中心となって運営しています。1989年に開設され、現在は30か国以上の200人近いスタッフをかかえています。建築物の設計、デザインの他、インテリアデザインやランドスケープ・アーキテクト(簡単に言うと日本の庭園設計のようなこと)などを手掛ける、建物と、その周りを取り巻く環境も整えるといった総合的な建築事務所です。彼らは最先端の技術を駆使しても、伝統を重んじたスタイルを理念としています。

Kjetil Tradal Thorsen & Craig Dykers

「オスロ・オペラハウス」の所在地

北極海の一部、北大西洋に面した国、ノルウェー王国の首都オスロの港に「オスロ・オペラハウス」が建っています。氷河によって形成されたフィヨルドの一番奥に位置する街で、周りには300以上の湖があり、40を超す大小の島があります。川は2本しかないので、この中の一番大きな湖がオスロの水源として利用されています。三方を山に囲まれ自然が豊かなこの街では、しばしば野生動物が市街地の近くに現れています。地理的に恵まれた場所で、古くから海運関係の事業が経済を支えてきました。画家のムンクが生涯のほとんどを過ごしたこの街は、文化都市でもあり、多くの美術館や博物館があります。また、オスロ大学をはじめとする高等教育を受けられる学校が50校以上あります。

「オスロ・オペラハウス」の特徴

遠景で見る「オスロ・オペラハウス」は、洗練されたシャープな形の白い波の様です。氷山を模したと言われ、ビョルヴィカと言う臨海地区の再開発計画の一環として2008年に完成しました。長い緩やかな勾配の屋根が二つあり、地面に接しています。そのおかげで屋根の上を歩くことができるので、多くの観光客や市民で賑わっています。ガラス張りの外壁には各所にソーラーパネルも配置され、環境に考慮した建物です。屋内のロビーには壁などにオーク材が使われ、床は大理石張りになっていて、天然の素材がふんだんに使われています。

「オスロ・オペラハウス」のまとめ

「オスロ・オペラハウス」の屋根の上に上がるとオスロ市内が一望でき、お天気の良い日は海の見晴らしも良いものがあります。各所にある段差は、ベンチ代わりに腰掛ける人も多くいます。しかし、雨などで濡れている時はとても滑りやすくなるようです。オペラハウスでは「自己責任で屋根の上に上がるように」と警告しているようです。「オスロ・オペラハウス」は、市民の憩いの場も提供している建物です。