人工大理石と人造大理石と天然大理石との違い

人工大理石とは

人工大理石とは、アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とした人工素材で、大理石や天然石の粉や成分は全く入っていません。大理石の代用品としてキッチンの流しや洗面台、浴槽などに広く使用されています。
加工性や着色性に優れ、型があれば量産性にも優れ、コストパフォーマンスにも優れます。

したがってステンレス製とともに、住宅用流し台としては最も広く使用されています。
天然大理石と比較すると、柔らかくて傷つきやすく熱に弱いです。
型が必要になるメーカー品は、1点ものの特注品には対応が難しいです。

また主成分が樹脂なので、天然大理石の高級感や風合いは無く、無機的な感じになりやすいです。
自然消化しますが可燃物ですので、燃焼すると不完全燃焼により一酸化炭素等の有毒ガスを発生します。

しかし近年、耐熱性や耐水性、耐摩耗性など天然大理石や今までの人工大理石を遥かに上回る特性を持った、人工の大理石模様の素材が開発されています。

それらの素材は、鉱物粒子を焼結させたいわゆるセラミックの部類に入るものでセラミックストーンとも呼ばれています。

また石英と樹脂を真空振動プレスで仕上げたものでクウォーツストーンと呼ばれるものなどもあり、テーブルや天板などに使用されるのは、今まで天然大理石やアクリル系の人工大理石だったのですが、新素材が現れ選択肢が増えました。

人造大理石とは

人造大理石とは、天然の大理石などを粉砕し、セメントや樹脂で固めた半人工素材です。
セメントで固めたものをセメントテラゾー、樹脂で固めたものをレジンテラゾーと呼びます。
大理石の代用品として広く使用されていました。

仕上げに研磨作業が必要なので、浴槽などの複雑な形状には適さず、主に板状の製品が外構や壁材、床材、テーブル材等として使用され、 高圧なプレスによる締め固めと真空引きによる水分の排除により、高強度・高耐久性のセメントテラゾーも製造されています。

日本では通常テラゾーといえば人造大理石のセメントテラゾーのことで、1960年からハリウッドのハリウッド大通りとヴァイン通り沿いの歩道の床に、 エンターテイメント界で活躍した人物の名前が彫られた2,000以上の星型のプレートが埋め込んでありますが、 その観光名所のハリウッド・ウォーク・オブ・フェームで使用されている星形のプレートを含む床材はセメントテラゾーです。

ハリウッドで使用されたからかどうかはわかりませんが、その後、そのようなお洒落なテラゾーが日本でも公共施設などで使用されてきました。地下鉄の駅のコンコース、美術館や学校など、広い公共スペースの床に床材として使用され、そして床材としてだけではなく、公共のトイレにも使用され、駅のトイレや学校のトイレなどは、トイレに入るとライニングトップやトイレブースにもテラゾーが使用されていました。
トイレブースは40mm厚のテラゾーで製作してあり、そのテラゾーのブースがトイレの間仕切りでした。

テラゾーはトイレで使用されるイメージが強かったせいか、いつの間にかハリウッドのお洒落さは忘れ去られてしまい、 逆に「不潔・うす汚い・低級・下品」というようなイメージを世間に与えたかもしれません。

しかし、そのようなテラゾーのイメージを払拭したのは、1980年代前半に倉俣史朗さん考案の「スターピース」と呼ばれるカラーガラスのチップが入ったテラゾーが出現したからかもしれません。
「スターピース」は当時日本中のISSEY MIYAKEのブティックで使用され一世を風靡しました。

セメントテラゾー

レジンテラゾー

ハリウッド ウォーク オブ フェーム

テラゾーとは

terrazzo イタリア語でテラッツォ
それをローマ字で発音するとテラゾーとなります。
通常テラゾーといえば人造大理石のセメントテラゾーのことを言います。

テラッツォとはテラスのことです。テラスとは

建物のテラスの場合家屋の母屋から突き出した部分のことです。
さまざまな形態のものがありますが、基本的に1階に作られます。
「テラス = 盛り土」という原義のとおり、本来の地面よりはやや高くなっています。
屋内とは窓や扉などで繋がっています。
周囲を枠や柵で囲まれているものもあります。
屋根はあるものもないものもあります。
2階以上に作られたものはバルコニーやベランダと呼びます。
また屋上の広場をテラスと呼ぶこともあります。

天然大理石の特徴

天然大理石とは学問的に、
第1分類:変成岩、第2分類:接触変成岩、第3分類:結晶質石灰岩に分類される石種が多いのですが、
第1分類:堆積岩、第2分類:化学的沈殿岩、第3分類:石灰岩に属するトラバーチンやペルリーノ、
第1分類:火成岩、第2分類:深成岩、第3分類:蛇紋岩に属するグリーン色のジャモンと呼ばれる石材なども天然大理石と呼んでおります。

厳密に言うと、それらの石材をまとめて天然大理石とは呼べないのですが、見た目大理石と言える柄の石材で、 天然石100%のものを天然大理石と総称します。

天然大理石には細孔と呼ばれる細かな穴が無数にあります。
細孔とは岩石の内部に閉じ込められた水分が蒸発して出来たものだと言われています。
その細孔に水分が入り汚れが付着します。この現象が天然大理石のシミになっていきます。

細孔には石の内部に小さい穴があり外部に通じてない状態(閉孔)のものと、外部に通じている状態(開孔)のものとがあります。
閉孔に水分が溜まるとカビやコケ等の発生の原因にもなり、開孔に水分が溜まると色ムラ等の原因にもなります。

石材を切断したり、研磨するときには大量の水を使用しますが、
その後乾燥してから出荷するまで、完全に水分が蒸発することはありません。

そして完全に乾燥したとしても天然大理石には無数の細孔が存在する以上、空気中の水分が常に細孔の中に出たり入ったりします。
外部に使用した場合や、雨季には当然水分が細孔の中に入るので、天然大理石はそのままにしておくと劣化していきます。