人工大理石と人造大理石と天然大理石との違い

シェアする

人工大理石とは

アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とした人工素材で、大理石や天然石の粉や成分は全く入っていません。
大理石の代用品としてキッチンの流しや洗面台、浴槽などに広く使用されています。
加工性や着色性に優れ、型があれば量産性にも優れ、その場合はコストパフォーマンスにも優れます。
割れにくくて耐久性もあります。
したがってステンレス製とともに、住宅用流し台としては最も広く使用されています。
天然大理石と比較すると、柔らかくて傷つきやすく熱に弱いです。
型が必要になりますから1点ものの特注品には対応が難しいです。
また主成分は樹脂なので、天然大理石の高級感や風合いは無く、無機的な感じになりやすいです。
自然消火しますが可燃物ですので、燃焼すると不完全燃焼により一酸化炭素等の有毒ガスを発生します。

人工大理石は数社の取扱いがありますが、MRC・デュポン株式会社のコーリアンが有名です。

デュポンショールーム

人造大理石とは

天然の大理石などを粉砕し、セメントや樹脂で固めた半人工素材です。
セメントで固めたものをセメントテラゾー、樹脂で固めたものを樹脂(レジン)テラゾーと呼びます。
大理石の代用品として広く使用されています。
仕上げに研磨作業が必要なので、浴槽などの複雑な形状には適さず、主に板状の製品が外構や壁材、床材、テーブル材等として使用されています。
耐久性や耐熱性は使用される素材に準じます。
高圧なプレスによる締め固めと真空引きによる水分の排除により、高強度・高耐久性のセメントテラゾーも製造されています。

セメントテラゾー

レジンテラゾー

テラゾーとは

terrazzo イタリア語でテラッツォ
それをローマ字で発音するとテラゾーとなります。
通常テラゾーといえば人造大理石のセメントテラゾーのことを言います。

テラッツォとはテラスのことです。テラスとは

建物のテラスの場合家屋の母屋から突き出した部分のことです。
さまざまな形態のものがありますが、基本的に1階に作られます。
「テラス = 盛り土」という原義のとおり、本来の地面よりはやや高くなっています。
屋内とは窓や扉などで繋がっています。
周囲を枠や柵で囲まれているものもあります。
屋根はあるものもないものもあります。
2階以上に作られたものはバルコニーやベランダと呼びます。
また屋上の広場をテラスと呼ぶこともあります。

天然大理石の特徴

天然大理石は細孔と呼ばれる細かな穴が無数にあります。
細孔とは岩石の内部に閉じ込められた水分が蒸発して出来たものだと言われています。
その細孔に水分が入り汚れが付着します。
細孔には石の内部に小さい穴があり外部に通じてない状態(閉孔)のものと、外部に通じている状態(開孔)のものとがあります。
閉孔に水分が溜まるとカビやコケ等の発生の原因にもなり、開孔に水分が溜まると色ムラ等の原因にもなります。
石材を切断したり、研磨するときには大量の水を使用します。
その後乾燥してから出荷しますが完全に水分が蒸発することはありません。
そして完全に乾燥したとしても天然大理石には無数の細孔が存在する以上、空気中の水分が常に細孔の中に出たり入ったりします。
外部に使用した場合、雨季には当然水分が細孔の中に入ります。
したがって天然大理石はそのままにしておくと劣化していきます。
劣化自体は防げませんが、コーティング剤を塗布することによって大幅に劣化の速度を落とすことが可能です。
このような天然大理石の特徴を知ってから使用することをお勧めします。