ロレックス・ラーニング・センター(Rolex Learning Center)

シェアする

「ロレックス・ラーニングセンター」のご紹介

大学の運営には多額の費用が必要です。校舎を始めとする建物を作ることや、研究の為など様々な事柄に経費がかかります。国や自治体からの補助も受けられますが、企業の援助も大きな助けになります。「ロレックス・ラーニングセンター」は、建設費用の融資額が一番多かった時計メーカーの名前を冠しています。

「ロレックス・ラーニングセンター」の設計者

二人の日本人建築家が共同で運営している「SANAA(サナア)」が「ロレックス・ラーニングセンター」を手がけました。1956年に茨城県で生まれた、妹島和世(せじま かずよ)は大学で建築を学んだ後、著名な日本人建築家の元で経験を積み、自らの事務所を開設しました。西沢立衛(にしざわ りゅうえ)は1966年生まれで横浜出身です。大学卒業後に妹島和世の事務所に入り、数年後に共同でSANAAを立ち上げました。数々のプロジェクトを手掛け、その功績が世界中で認められ多くの名誉ある賞を受賞しています。特に建築家のノーベル賞と呼ばれるプリッカー賞においては、妹島和世は世界でも二人目、日本人では女性初の受賞と言う栄誉を受けています。二人はSANAAの運営と、それぞれ自分の事務所運営の二足のわらじで活躍しています。

「ロレックス・ラーニングセンター」の所在地

スイス連邦のローザンヌにある工科大学の学習拠点が、「ロレックス・ラーニングセンター」です。オリンピック委員会の本部があることで有名な街です。別名オリンピック・シティとも呼ばれ、オリンピックの歴史などを紹介した博物館もあります。街の歴史は古く、ローマ人が野営地として建設したことが始まりだったようです。その頃からローザンヌと言う名で呼ばれていました。フランスとスイスにまたがるレマン湖の畔であり、素晴らしい風景が観光資源となっています。他には、ローザンヌ大聖堂に至る坂道にあるマルシェ階段と呼ばれる13世紀に作られた木製の階段が有名です。

「ロレックス・ラーニングセンター」の特徴

2010年に完成した、小高い丘の上に建つ平たい白い建物です。規模は大変大きいのですが、平屋のワンルームの建造物です。上から見ると、複数の丸や楕円や歪んだ円のような形の出入り口や採光の為の穴が開いていて、中庭のようにもなっています。水平面は緩やかな曲線を描いていて、壁の部分はガラスが多く使われていますが、700枚以上使われているガラスの内、約600枚は形が違うガラスが使われています。基本的にワンルームですが、一部大事な部屋は仕切りが付いています。床が曲線を描いているので床には多少の高低差があって、それを利用して目的に応じた使い方がされています。図書館やカフェなどもあり、それらの境界はゆるやかな床の高さの違いによって穏やかに区別されています。

「ロレックス・ラーニングセンター」のまとめ

スイス連邦工科大学には二つの学校があります。区別するために、それぞれの地名を付けて呼ばれています。「ロレックス・ラーニングセンター」はローザンヌ校の多目的な学習拠点です。数十万冊の蔵書がある図書館をはじめ、学習室やレストランを備えています。この素晴らしい施設は、学生だけでなく市民や観光客などの一般にも開放されています。