トーレス・ポルタ・フィラ(Torres-porta-fira)

シェアする

「トーレス・ポルタ・フィラ」のご紹介

ツインタワーと呼ばれる、よく似た二つの高層ビルが世界中に複数建造されていますが、「トーレス・ポルタ・フィラ」はツインと言うよりはコンビタワーと言った方が良いかもしれません。人目を引くホテルとオフィスビルが隣り合って立っています。

「トーレス・ポルタ・フィラ」の設計者

伊東 豊雄(いとう とよお)は1941年に現在のソウルで生まれました。小さな子供のころから中学までは父親の故郷である長野で成長してきました。東京大学で建築を学び、著名な日本人の建築家の元で経験を積み、1971年に独立して自分の事務所を開設しました。しかし、その頃は戦後の高度成長期の終わりにさしかかり、経済が滞ってきた時期でした。独立した当初は個人の住宅など、比較的小規模な建物を扱っていました。20世紀の終わりころに手掛けた日本国内の建築物が彼の転機となり、今ではヨーロッパや南米をはじめ世界中で活躍するようになりました。その業績が認められ、日本や世界の権威ある賞も数多く受賞しています。

「トーレス・ポルタ・フィラ」の所在地

バルセロナはスペイン王国のカタルーニャ州の州都です。この地方は、スペイン国内でも独特の歴史と地理条件のある地域です。そのため、文化も他の地域とは違う歩みをしてきました。建造物も古い物でも新しい物でも、他では見かけない建物が多く作られてきました。また、食文化も様々な国や地域のものを融合させ、ここでしか味わえない料理の数々を生み出しています。地中海は大きな海ですが、大陸に挟まれた内海になるので塩分濃度が高く、魚介類の数はあまり多くありません。それでも、海に面しているこの地域は魚介類の水揚げがかなりの量になります。山の幸も豊富で、古くから良質のワイン産地でもあります。特に白と発泡ワインが有名で、この地方の料理と共に人々の舌を満足させています。


「トーレス・ポルタ・フィラ」の特徴

2010年に完成した、赤が印象的な二つのビルです。全体が赤く有機的な形のビルがホテルで、直方体に赤がポイントとして使われている建物がオフィスビルです。ホテルは焼き物の細長い花瓶のようで、少しねじれた形です。上階に行くに従って、少し広がりを持たせてあり、窓がランダムに付けられているように見えます。赤いアルミのパイプを使って全面を覆っていますが、ゆがんだ形を強調するために斜めに取り付けられています。上から見た形は、三角のおにぎりの様な丸みを帯びた形です。もう一つのオフィスビルの方は、各階に白い庇のような部分が張り出していて積み重ねた箱の様です。正面の中央にある赤を使ったアクセント的な部分は少し曲線を描いていて、エレベータなどの導線が入っています。

「トーレス・ポルタ・フィラ」のまとめ

くつろぎのホテルと緊張のオフィスビルは、対極に位置するような建物です。その二つの建物をセットにしたイメージの「トーレス・ポルタ・フィラ」は、お互いの建物を引き立てているように見えます。ホテルの内部は、外観と同じ赤い色を随所に使い、レストランの内部壁面も赤いアルミパイプで彩られています。スペインのイメージの一つである情熱の国を表している赤い色の建物は、バルセロナの街にお似合いの建造物ではないでしょうか。