ヴィトラ・ハウス(Vitra House)

シェアする

「ヴィトラ・ハウス」のご紹介

スイスの家具やインテリアのブランドである「ヴィトラ」の工場と展示場、美術博物館などが建つヴィトラ・キャンパスは、スイス国境のすぐそばにあるドイツの町にあります。そこには世界中の著名な建築家が手がけた建造物がたくさん建っています。「ヴィトラ・ハウス」もその一つです。

「ヴィトラ・ハウス」の設計者

ドイツとフランスの国境に近いスイスのバーゼル出身である、ジャック・ヘルツォークとピエール・ド・ムーロンが「ヴィトラ・ハウス」を手がけました。彼らは幼馴染で、同じ学校で学び、故郷に帰って共同で「ヘルツォーク&ド・ムーロン事務所」を設立しました。彼らの作る作品は、その都度違う雰囲気のあるもので、彼らの特徴と呼べるものはありません。大きな依頼を受けると、建築場所にふさわしいと思える建物を作るために様々な芸術家と共同で外観などのデザインを考えています。特徴の無いのが彼らの特徴で「自分たちの作品だと知られる必要はない。」と言っています。知名度を上げるために建物を作っているわけではないと、彼らは考えているのです。

「ヴィトラ・ハウス」の所在地

ドイツ連邦共和国のスイスとフランスに国境を接しているヴァイル・アム・ラインにヴィトラ・キャンパスがあります。広大な敷地の中にある建物の一つが「ヴィトラ・ハウス」です。ライン川沿いのこの町はたいへん古い歴史を持ち、8世紀にはヴァイルと言う名前が記録に残っています。ドイツの有名な「黒い森」の近隣地域で、ブドウの栽培に適した気候になっています。近年では、1989年にスイスの家具メーカーである「ヴィトラ」社が広々とした敷地に工場と様々な建物を建築して「ヴィトラ・デザイン・ミュージアム」を作りました。また、町の各所にヴィトラの椅子をデザインしたオブジェが据え付けられ、「椅子の町」と呼ばれるようになりました。

「ヴィトラ・ハウス」の特徴

まるで積み木を無造作に重ねた様な建物です。家の形を簡素にした五角形の細長い建物を、5層に重ねてあります。いわゆる切り口に見える部分は全面ガラスで、屋内はとても明るく、夜になるとかわいい五角形が浮かび上がります。5層になっている建物は、基本的に同じですが一つ一つわずかな違いがあります。例えば、一番下にある層の入り口の形は他の切り口部分と違って、五角形の家の形を少し変えたものになっています。屋内の各層はヴィトラ社のショールームになっていて、キッチンやリビング、寝室などテーマに沿った家具を展示しています。木製の床や階段があり、温かい家の雰囲気を醸し出しています。

「ヴィトラ・ハウス」のまとめ

「ヴィトラ・ハウス」はショップやカフェレストランも備えていて、広大な敷地にあるミュージアムの見学などで疲れた人々が一息つくことができます。ヴィトラ・キャンパスには有名な建築家の手による様々な建造物があります。ここに来る為に乗ってくるバスが止まる停留所も、とてもファッショナブルです。この町は静かで小さな国境の町ですが、世界でも注目されるデザインの町です。「ヴィトラ・ハウス」はその一翼を担っています。