銀座プレイス(GINZA PLACE)

シェアする

「銀座プレイス」のご紹介

日本における繁華街の代名詞と言える街が銀座です。西洋文化と初めて出会った頃のカフェーの先駆けとも言われるお店があった場所に、新たな銀座のランドマーク的な建物が出来ました。「銀座プレイス」は銀座の中心部に建っています。

「銀座プレイス」の設計者

イギリス人とイタリア人の二人が運営する「クライン・ダイサム・アーキテクツ」が「銀座プレイス」の設計を担当しました。アストリッド・クラインは1963年にイタリア北部の街で生まれました。ヨーロッパの複数の国で学んだ彼女は、日本に憧れ1988年に来日しました。マーク・ダイサムはロンドンの北西にある街で1964年に生まれました。新しい物を生み出す過程が好きだった彼は、大学で建築を学んだ後、最新のものを求め続ける国と彼が信じる日本へとやってきました。二人は共に日本の著名な建築家の元で働き、1991年に共同で日本に事務所を開きました。日本はもとより、世界中からの依頼をこなすと共に様々な学校で教鞭もとっています。西洋と東洋の良さを融合させることのできる二人組です。

「銀座プレイス」の所在地

「銀座プレイス」は、東京都中央区にある銀座の大きな交差点がある場所に建っています。この地域は、江戸時代に銀貨の鋳造所がつくられたことから銀座と呼ばれるようになりました。明治維新が行われ、文明開化の波が最初に押し寄せてきたのが銀座と言えます。江戸の頃から人々の往来が多かった上、近くに外国人の居留地が作られたので、西洋のあらゆる事柄が銀座に流入してきました。日本で初めてのカフェーが開店したり、アンパンなどの目新しい食品が作られたり、ソーダー水やアイスクリームに代表される西洋の食文化とファッションなど、当時の最先端を発信する街でした。大正時代には、華やかなこの街を目的もなく散策する「銀ブラ」と言う言葉も生み出されました。現在は衣食共に高級店が立ち並ぶ街です。

「銀座プレイス」の特徴

優雅な白いビルです。白いレース編み模様のような外観であり、また、夜には中国陶磁器のホタル焼きのようでもあります。2016年に完成した複合商業施設で、ファサードと呼ばれる外観はピアースド・フレットワークと言う透かし彫りの手法を用いています。古代のギリシアやローマで始まった糸鋸を用いて家具などに装飾を施した方法です。この美しい模様は、5,000枚以上の複数種類のアルミパネルで作り出されています。また、2階の昼間はガラス面だけで暗く見える細長い場所は、暗くなる夜間になるとLEDが点灯して建物本体のファサードと同じ模様が作り出され、バーチャル・ファサードと呼ばれています。夜間の照明は、透かし彫りの間から漏れる光がLED(フルカラーLED)の色を変えて季節感が出せるようになっています。

「銀座プレイス」のまとめ

「銀座プレイス」の設計者の一人、マーク・ダイサムはその功績が認められて本国の女王から勲章を授けられ「サー」の称号を持っています。洋の東西を問わず、良いところを融合させることで新しいものが創造されていくのは素晴らしい事です。日本における西洋文化の発信をしてきた地に建つ「銀座プレイス」は、古い西洋の技法を使って美しい姿を見せています。銀座と言う高級なイメージと賑やかな繁華街と言う雰囲気を、見事に併せ持つ建物になっているのではないでしょうか。