ガラスの家( The Glass House )

シェアする

「ガラスの家(コネティカット州)」のご紹介

四分の三世紀ほど前に作られた住宅がアメリカの北部に建っています。築70年くらいですと、古く、くたびれた家というイメージが強く現れます。しかし、この家は今現在でも時代を先取りしているように見えます。素晴らしく見通しの良い「ガラスの家(グラス・ハウス)」をご紹介します。

「ガラスの家(コネティカット州)」の設計者

アメリカ人のフィリップ・ジョンソンは、長い人生の前半において、様々な職業をこなしてきました。学業を終えた彼はヨーロッパを巡り、アメリカに帰って美術館のいわゆる学芸員を務めました。ヨーロッパで出会った様々な近代建築を紹介する企画を立て、モダニズム建築を広く知らしめました。美術館の仕事を辞めてしばらくは政治活動を行っていましたが、再び大学に入り建築を学びました。卒業後は軍の技術系の兵士となり、第二次世界大戦が終わるまで従軍していました。退役して間もなく再度美術館で働きました。この時に、ヨーロッパ建築界の巨匠と呼ばれる「ミース・ファン・デル・ローエ」を初めてアメリカに紹介しました。アメリカでの彼の活動を助け、協力して作り上げた建築物もあります。

「ガラスの家(コネティカット州)」の所在地

アメリカ合衆国のコネティカット州はロングアイランドの対岸に位置します。その中のフェアフィールド郡に「ガラスの家」が建てられています。ニューヨーク州のすぐ東に隣接する地域で、全米の中では、とても裕福な地域として有名です。20世紀の中ごろには、過密となったマンハッタンから多くの企業が本社を移してきました。また、ニューヨークの中心部から列車で約1時間と言う近距離なので、週末をこの地で過ごすための別荘を建てる人も多く、街の中には高級品を扱うお店が立ち並んでいるところもあります。

「ガラスの家(コネティカット州)」の特徴

東京ドーム約4個分の広大な敷地のほぼ中央に建てられた家です。名前の通り、壁の部分が透明ガラスで作られていて、外から家の内部が全部見えます。小振りな家でシンプルな間取りなので、屋内のどこからでも外の見晴らしが完璧です。街の中にあったら、ちょっとイヤかもしれませんが、広い敷地の樹々に囲まれた場所に建っているので、まるで林の中にそのまま寝ている様な感じのベッドルームもあります。この家はフィリップ・ジョンソンの自宅として建てられましたが、前出の「ミース・ファン・デル・ローエ」のスケッチを参考にしたと言われています。

「ガラスの家(コネティカット州)」のまとめ

資産家でもあったフィリップ・ジョンソンの資金力があったから、このような広大な敷地に小さな家が建てられたのではないでしょうか。この敷地には、彼のたくさんの小さな作品が建てられ、そこかしこに彫刻が設置してあり、一つの公園のようになっています。彼が98歳でこの世の生を終えたのは、この家のベッドの上だったと言うことです。現在は申し込めば、この広い敷地内を見学できるようになっています。