ポルト大学建築学部(Faculty of Architecture, University of Porto)

シェアする

「ポルト大学建築学部」のご紹介

母校であり、且つ建築を学ぶための校舎をデザイン、設計する事は、いくらその国の第一人者といえども難しい依頼ではないでしょうか。しかし、校舎が無ければ落ち着いて講義を受けることはできないでしょう。「ポルト大学建築学部」は、とてもシンプルな建物です。

「ポルト大学建築学部」の設計者

ポルトガルの建築界を代表すると言われるアルヴァロ・シザは、1933年ポルトガル第二の都市ポルト近郊の街で生まれました。現在のポルト大学の前身である美術学校で建築を学び、卒業後に当時のポルトガル近代建築界を先導する建築家の事務所に席を置きました。数年後に自らの事務所を開設し、本格的に建築家としての活動を始めました。彼の作品は、直線的なものが多く、建築材料も種類を抑え、色も白い色を好んで使っています。ヨーロッパを中心に活躍していますが、建築場所の土地柄や自然に合わせた建物を作ることを心掛けているようです。低価格の集合住宅から公共の施設、教会など彼の活躍の場は多岐にわたっています。

「ポルト大学建築学部」の所在地

ポルトガル共和国の北部にある大西洋に面したポルトガル第二の都市が、ポルトです。歴史の古い都市で、紀元前から港町として栄えてきました。15世紀に、この国の王子がアフリカの北端に位置する街を征服したことから、大航海時代が本格的に動き始めました。多くの船が作られ、船団を組んでポルトの港から世界に向けて出港していきました。また、貿易も盛んで、18から19世紀にかけて特産のポルトガルワインが多く輸出され、イギリスでは「ポート・ワイン」と呼ばれ有名になり、現在でもたくさんの人に愛飲されています。旧市街地には、美しい教会や荘厳な礼拝堂、古い街並みなど中世の面影を残す建造物が多く残され、「ポルト歴史地区」として世界遺産に登録されています。

「ポルト大学建築学部」の特徴

複数のとてもシンプルで小ぶりな白い建物です。コンクリート製で窓などの開口部が少ないのですが、どれも顔のように見えます。昔のドット数の少ないPCで書かれた画像の顔の様です。あるいは、レトロロボットの顔とでも言えましょうか。白い四角な建物が複数ありますが、それぞれは小さい校舎です。しかし、この校舎は地下で繋がっているのです。遠近感をうまく利用した建物もあり、すべてが未完成のようでもあります。白いコンクリートなので無機質な感じがしますが、床や階段などに花崗岩が多く使われていて、天然石の柔らかさが冷たいイメージを打ち消しています。

「ポルト大学建築学部」のまとめ

校舎が白く簡素な建物で、未完成に見えると言うことは、学生たちが想像力を働かせるのにとても良い環境でしょう。設計者が建築に関するノウハウを学び、一度はそこから飛び立ち、母校へ帰って後進を指導する為に教鞭をとり、校舎まで作った。このように一つの学校と深く関わり続けることは、稀ではないでしょうか。また、国の第一人者が設計した校舎で、その人物に教えを受けることができるのは、未来の建築家にとって幸運なことでしょう。