ドレスデン軍事博物館(Bundeswehr Military History Museum)

シェアする

「ドレスデン軍事博物館」のご紹介

中世に建てられた建築物を修理するのではなく改築する事は、いろいろな意味において大変なことです。まず、昔と現在では建築資材が違います。また、見た目を重視する場合には、外観のデザイン性にも注意が必要です。「ドレスデン軍事博物館」は過去と未来が見事に融合した建物になりました。

「ドレスデン軍事博物館」の設計者

1946年ポーランドで生まれたダニエル・リベスキンドは、ユダヤ系の両親を持つアメリカ人です。小さい頃に習ったアコーディオンの演奏で素晴らしい才能を見せ、国民的アイドルとなりました。この才能のおかげでアメリカの文化基金の目に留まり、ポーランドからの最後の移民船でアメリカに渡りました。奨学金を支給されて高度教育を受けた後に、自らの建築に対する思想や理論を構築していきました。彼は「建築は物語だ」と言って、古くからの建築に対する常識を破り、自分のアイディアを形にするような建築物を生み出しています。誰も見たことが無い建物を作ることを目標としている建築家なのです。

「ドレスデン軍事博物館」の所在地

ドイツ連邦共和国の東部中央に位置するドレスデンは、エルベ川を中心に中世から都市として発展してきました。チェコ共和国との国境が近く、陶器の街として有名なマイセンにも近い場所です。古くから発展してきた街なので、堂々たる王宮や荘厳な教会なども建っていました。しかし、第二次世界大戦の時に徹底した爆撃にあい、市内は瓦礫に覆われてしまいました。東西ドイツが統一した後に世界中からの寄付で、宮殿や聖母教会などが再建されました。宮殿は高級ホテルに生まれ変わり、内外の観光客を迎えています。聖母教会は元々の部分を瓦礫の中から拾い集め、コンピュータを駆使してできる限り原型を復活させました。この偉業は「ヨーロッパ最大のジグソーパズル」と評されています。

「ドレスデン軍事博物館」の特徴

この博物館を上から見ると、中世の建物に楔を打ち込んだような形になっています。正面からは、石造りの建築物から鋭い鋼の三角錐が飛び出しているように見えます。古い建物の中から何かが出てきそうな感じがします。元々は大規模な兵器庫として19世紀に作られた建物です。近くに新たな兵器庫が作られた後に美術館として使用されていました。その後再び軍用の施設になり、第二次大戦後には博物館などに使われていました。2011年に改築が終わり、新たな姿を現した時には数奇な運命をたどってきた建物に楔が撃ち込まれていました。この楔の先端は、ドレスデンの街を瓦礫に変えた最初の空爆の中心地を指しています。

「ドレスデン軍事博物館」のまとめ

軍事博物館とありますが、正確には歴史博物館になります。兵器などの展示もしていますが、それに付随する歴史を重点的に展示しています。展示されている兵器などが、なぜ作られたのか問いかけるような形も取られています。展示の趣旨がガラリと変わり、過去を学んで未来につなげるために楔が打ち込まれていると言うことです。