ブラザー・クラウス野外礼拝堂(Bruder Klaus Kapelle)

シェアする

「ブラザー・クラウス野外礼拝堂」のご紹介

古くから神様に祈りを捧げる場所は神聖な所とされています。ヨーロッパには各地に荘厳で大規模な美しい教会や礼拝堂、聖堂が古来より建てられてきました。しかし、そのような立派な教会は都会に多く、田舎から出向くのは大変なことでした。「ブラザー・クラウス野外礼拝堂」は地元の人達が手作りした田園の中の礼拝堂です。

「ブラザー・クラウス野外礼拝堂」の設計者

1943年スイスで生まれたピーター・ズントーが「ブラザー・クラウス野外礼拝堂」を設計しました。家具職人の父親の元で幼少期を過ごし、大工の手ほどきを受けながら育ちました。建築やデザインを学んだ後に、歴史のある古い建造物の修復をする仕事に就いていました。建築家としての活動を始めてからは、用途や場所をしっかり調べてから仕事に取り掛かるやり方をしてきました。そのことから「誠実な建築家」と呼ばれるようになったようです。彼の作品は教会が多く、自然に溶け込むような穏やかな建物になっています。スイスを中心にヨーロッパで活躍していますが、美しい物を作りたいと言う彼の作品は、自然と共存できる山奥や田舎に多く建っています。

「ブラザー・クラウス野外礼拝堂」の所在地

ドイツ連邦共和国にあるヴァッヘンドルフと言う小さな町のはずれに「ブラザー・クラウス野外礼拝堂」が建っています。ドイツの西部中央に位置し、分断時代の西ドイツ首都であったボンの近くで、第四の都市ケルン郊外でもあります。ボンはベートーヴェンが生まれた地で、生家である「ベートーヴェン・ハウス」があります。また、同じ音楽家のシューマンの終焉の地でもあり、最後を過ごした施設が記念館として残されています。ケルンには、4世紀に建立された堂々として美しい大聖堂があり、世界遺産にも登録されています。幾度かの改装を重ね、第二次世界大戦の時に市街地は激しい空爆を受けましたが、ケルン大聖堂は完全崩壊を免れました。当時の市民の希望の光がそこに見出されていたようです。

「ブラザー・クラウス野外礼拝堂」の特徴

畑以外は何もない、未舗装のまるで「あぜ道」のような道をたどって行く先に、四角いコンクリートのブロックがポツンと建っています。近くに寄って初めて小さな十字架が付いているのが見えるので、教会関係の建物とわかる建造物です。直方体のむき出しのコンクリートに、金属の三角形をした扉が付いています。内部は円錐形で、天井には穴が開いているので雨が降ると水たまりができます。丸太を円錐に組んで、外側にコンクリートを流し込んで作られました。コンクリートが完全に固まった後に丸太が焼かれ、取り除かれて礼拝堂の空間がつくられました。コンクリートの壁にはガラス玉が封じ込められていて、外部の光が入るようになっています。

「ブラザー・クラウス野外礼拝堂」のまとめ

2007年に完成した「ブラザー・クラウス野外礼拝堂」は小さな建造物ですが、完成までに1年かかりました。民間主導で作られた礼拝堂は、コンクリートを50cmずつ流し込んでは乾かし、また流し込む事を繰り返して作られました。農作業の途中でも「神様に祈りを捧げることができるように」との思いを込めて出来上がった野外礼拝堂です。無機質な外観ですが、内部は素朴な雰囲気の礼拝堂は、地元住民の信仰心と心意気の結晶ではないでしょうか。