IACビル(Inter Active Corp Building)

シェアする

「IACビル」のご紹介

企業が自社をアピールする為に様々な方法を使います。一番よく使われるのがコマーシャルでしょう。以前は主にテレビが多かったようですが、最近ではインターネット上の色々なサイトなどで広告を出しています。そして、自社の建物も当該企業をアピールする、正に大きな広告塔ではないでしょうか。「IACビル」は、都会の中にあってもインパクトのあるビルです。

「IACビル」の設計者

フランク・オーウェン・ゲーリー(Frank Owen Gehry)

アメリカに本拠地を置き、世界中で活躍しているフランク・オーウェン・ゲーリーが「IACビル」の設計者です。強烈なイメージのある建築物を作っていることで有名である、彼の伝記的な映画も作成されています。「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」と言うタイトルで、友人の映画監督が初めて手掛けたドキュメンタリー映画で、カンヌ映画祭の特別招待作品になりました。日本でも上映されたこの映画のスタッフの中に、日本人も参加していました。アメリカ在住のヒロ・ヤマガタ(山形 博通)と言う美術家です。他にも多数の国の人々が参加して作られたこの映画は、彼が世界中で有名な証の一つではないでしょうか。

「IACビル」の所在地

アメリカ合衆国のニューヨークと言えば、世界経済の中心地と言っても過言ではありません。マンハッタンは更にその中心になります。日頃あまり気にしないかもしれませんが、マンハッタンは島です。空にそびえる幾つもの高層ビル群は、いち早く近代的な都市の様相を見せてきました。摩天楼と呼ばれる多数のビルを支えているのは、マンハッタン島が一枚の巨大な岩で出来ているからだと言われています。歴史の浅い場所ですが「マンハッタン」の名前の由来がいくつかあり、先住民の言葉で「酔っ払い」と言う意味であると言うエピソードがあります。また、一説には「丘の多い島」との意味があると言う説がありますが、これは一枚岩の島に由来することのようです。

「IACビル」の特徴

世界でも有数の大都会の中に突然現れた、巨大な氷山のような建物です。白をメインに、青いラインが入ってグラデーションを描いたボーダー柄が、爽やかなイメージを持たせています。ふっくらした感じのゆるやかな曲線と直線部分が、幾重にも重なり合って白い色の冷たさを和らげています。全面がガラスで出来ているため、光をよく反射するので時間や季節、空模様で様々な様子を見ることができます。例えば、空に溶け込むように見えたり、夕日に照らされてオレンジ色に輝いたり、夜は照明が付くと温かい雰囲気と透明感が現れます。このような事からも、とても美しい建築物と言えるのではないでしょうか。

「IACビル」のまとめ

IACはメディアとインターネットのアメリカ合衆国の企業で、「IACビル」はその本社ビルです。企業イメージは、業務内容によっては非常に大切なものです。時代の最先端を行く業務内容にとてもよくマッチした、近未来的な外見の「IACビル」はまさに当該企業の顔と言えるでしょう。余談ですが、「IACビル」は、2010年に作成されたアメリカの人気アクション映画に登場しています。