ボデガ・イオシス(Bodegas Ysios)

シェアする

「ボデガ・イシオス 」のご紹介

ワイン醸造の発祥は紀元前数千年まで遡ることができますが、作り方の基本はほとんど変わっていないそうです。ヨーロッパでは多くの良いワインが作られていて、ワインの醸造所(ワイナリー)を巡るツアーも頻繁に行われています。最近では、見せるための素敵なワイナリーもたくさんあります。「ボデガ・イシオス」もその一つです。

「ボデガ・イシオス 」の設計者

1951年にスペインの東部、地中海に面したバレンシアで生を受けたサンティアゴ・カラトラバが「ボデガ・イシオス」を設計しました。スペインで建築や美術を学んだ後にスイス、チューリッヒの大学で土木工学も学びました。通常の建築家としてだけでなく、構造デザイナーとしても活躍しています。建物だけでなく、橋や駅なども手掛け、中でも美しい橋を作り出すことで名を馳せ「橋の巨匠」とも呼ばれています。美術を学んだ彼は、自分の建築物は芸術と言っていますが、確かにサンティアゴ・カラトラバの作品はシンプルであっても、とても美しい外観を持っています。正に絵になる建造物が多く作られています。

「ボデガ・イシオス 」の所在地

スペイン王国の北東部にあるバスク州、ラグアルディアと言う小さな町に「ボデガ・イシオス」があります。スペインは、ワインを醸造することではヨーロッパの中でも上位に位置します。その中でも最上級のワインを作っているのが、ラグアルディアを中心とする地域です。良いワインを作るための上質なぶどうを栽培するのに適した土壌と気候を備えていることが、条件として整っていました。古くからワインを作っていたこの町は、中世の頃には地下にワインを貯蔵するためのワインセラーを備えていて、複数のワインセラーは洞窟のようなトンネルでつながっていました。現在は多くの素敵なワイナリーが、見学や試飲などもできる観光資源となっています。

「ボデガ・イシオス 」の特徴

遠くに見える山なみを背景に、舞い降りた巨大な鳥のように見えます。また、ゆったりとした波打つ屋根の形が、大きなブドウの木の蔓が伸びているようなイメージもある建物です。高台に建っている「ボデガ・イシオス 」は木造のワイナリーですが、昔ながらの木の桶は特別なワインを作るためだけで、通常はステンレスのタンクを使っています。良いワインを作るためのブドウは、早朝に収穫したものが品質もよくなるとのことで、「ボデガ・イシオス 」はブドウ畑の真ん中に建っています。このあたりのブドウ畑はなだらかな丘です。そこにある「ボデガ・イシオス 」は木造の優しい自然な色と、低い建物なので違和感が無く、ずっと昔からそこにあるような感じがします。

「ボデガ・イシオス 」のまとめ

「ボデガ」と言うのはスペイン語で、ワインの醸造所、または酒蔵と言う意味です。イシオスのワインは、この地方独特の黒ブドウから作られる赤ワインだけが作られています。この地方には有名なワイナリーが多くあって、日帰りや泊りがけのワイナリー・ツアーも行っているようです。「ボデガ・イシオス 」も予約すれば内部の見学もできますし、試飲や購入もできるようです。