北京・銀河SOHO(Galaxy SOHO in Beijing)

シェアする

「北京・銀河SOHO」のご紹介

都会に建つ商業用のビルと言えば、普通は四角い建物を想像します。しかし、中国の首都北京にある大規模な商業ビル「北京・銀河SOHO」は、直線の部分が無い、曲線だけで作られているように見える建物です。

「北京・銀河SOHO」の設計者

「北京・銀河SOHO」は、イラクのバグダッドで生を受けたザハ・ハディッドが設計しました。1950年、政治家で実業家の父の元に生まれた彼女は、子供のころから建築家になりたいと望んでいました。ロンドンのAAスクールと言う、著名な建築家を数多く輩出した建築の専門学校で学び、卒業後オランダの有名な建築家の下で働きました。間もなく自分の事務所を構えてからは、数々のコンペに優勝したり、建築家に贈られる様々な賞を受賞するようになりました。彼女のデザイン、設計した建造物は多々ありますが、コンペで優勝したにも関わらず実際には建てられなかった建物が多くあることから「実現しない建築の女王」と言われていました。日本の新国立競技場もその一つです。残念なことに、素晴らしい才能を持った彼女は2016年65歳の若さでこの世を去っています。

「北京・銀河SOHO」の所在地

中華人民共和国の首都、北京の中心部に「北京・銀河SOHO」が建っています。北京はたいへん古い歴史のある土地で、太古から人が住んでいました。国としての形が出来上がった頃には、すでに中核を担う都市でした。市の中心部には、現在の故宮博物館になっている紫禁城や、国の安寧や五穀豊穣を歴代皇帝が祈った天壇があります。このような歴史の証人となっている古い建物が数多く残されている傍らには、近代を代表するような建物も建っています。鳥の巣と呼ばれる体育館や、中央TVの新社屋など、未来を先取りしたような建築物がたくさん建てられています。

「北京・銀河SOHO」の特徴

建築物は普通、無機質な外見をしていますが、「北京・銀河SOHO」は生物的な形をしています。4つの丸いお団子のような建物を、緩やかなカーブを描いた通路が繋いでいます。コンクリートの壁をアルミパネルが覆っているので、全体では白く見えます。窓の部分が暗く見える時もあり、壁の白と相まって渦巻きの様に見えることもあります。総合的なテナントビルで、商業スペースやオフィスが入り、最上階はレストランとカフェなどになっています。商業スペースには広い吹き抜けの空間があり、高いガラス天井が全天候型の広場を形成しています。垂直方向も水平方向にもあらゆる曲線が使われて、柔らかいイメージが建物全体を包み込んでいます。

「北京・銀河SOHO」のまとめ

中国SOHOと言う、簡単に表すと不動産の会社が「北京・銀河SOHO」を所有しています。この会社はいくつかの大規模なテナントビルを持っています。一風変わった外見の建物が多いのですが、「北京・銀河SOHO」は規模も大きく、見かけも一番変わっています。こんなショッピングモールでしたら、お天気を気にすることもなく建物も楽しんで、うきうきとしたショッピングができそうですね。