シェラトン湖州市温泉リゾート(Sheraton Huzhou Hot Spring Resort)

シェアする

「シェラトン湖州市温泉リゾート」のご紹介

中国では、古来より縁起が良いとされてきた形があります。亀甲の六角形や丸い形です。美しい湖と一体化して、縁起の良い形を作り出している建物が浙江省に建っています。ゆったりした時間を過ごすための、リゾートホテルの「シェラトン湖州市温泉リゾート」をご紹介します。

「シェラトン湖州市温泉リゾート」の設計者

MAD architects(アーキテクト、建築家、設計者の意)が「シェラトン湖州市温泉リゾート」の建設に携わりました。2004年に北京で事務所を構えたMADの中心は、二名の中国人、馬岩松(マ・ヤンソン)と党群(ダン・チュン)一名の日本人、早野洋介です。世界では大規模な建築企業が大きなプロジェクトを遂行していますが、その中にあって中国の建築業界は国内に留まる事がほとんどです。しかし、MADは中国国内に留まらず世界に飛び出して活躍しています。現在、中国とアメリカにオフィスを持っていますが、実績は日本やヨーロッパにも数々の作品を送り出しています。

「シェラトン湖州市温泉リゾート」の所在地

中華人民共和国の沿岸部の中ほどに浙江省があります。湖州市は浙江省の内陸部にあたり、太湖(たいこ)の畔の街です。太湖は大変大きな湖で、古代においては海の一部であったとされています。中国で三番目の大きさがあり、琵琶湖の三倍以上の広さがあります。大小の島々が浮かび、湖周辺には多くの峰々もあり、有名な山もあります。丘陵地帯では石灰岩が多く、浸食によって大きな穴がたくさんある「太湖石」と呼ばれる奇石が切り出されています。豊かな水は、淡水魚の漁業や周辺の土地を穀倉地帯として育て、この地域は「魚米の里」と呼ばれるようになりました。

「シェラトン湖州市温泉リゾート」の特徴

地上高が100m以上ありますが、半円形なので、あまり高さを感じさせません。この建造物を外から見るのなら、夜が断然きれいです。半円の片方は陸地ですが、片方は水の中に接地しています。従って、建物本体と湖に映る姿で円形に見えるのです。しかも、多数のLEDを利用して金や銀、青や紫など様々な色に彩られる姿は非常に美しいものとなっています。また、時期や催し物の時には模様を描き出すこともできます。明るいお昼間は、クリスタルの様な輝きを見せてくれるこのホテルは、全面ガラス張りで、各客室は広い窓を備えています。太湖の素晴らしい景観を、どの部屋からも見ることができます。

「シェラトン湖州市温泉リゾート」のまとめ

アメリカのホテルやリゾートを手掛けている、シェラトンホテルが太湖のそばに作ったスパホテルは中国国内だけでなく、海外からの宿泊客が多く訪れています。このホテルには結婚式場として、ホテルの建物のそばに円形の人工島も備えています。垂直の円と、水平の円をそろえて、中国で縁起が良いとされている「丸、夢が完結すること」と「円、良い縁があること」を表しているのではないでしょうか。