白い石灰岩カリザカプリのご紹介

シェアする

カリザカプリ(Caliza Capri)のしらべ

cantera-caliza-capri-caliza-capri-comercial-quarry1-4608b

limestone-piedra-paloma-caliza-blanca-paloma-matagallar-quarry-quarry1-983b

ライムストーンは、珊瑚や貝などの遺骸が海底や湖底などの地表で固まった、生物源に由来する石灰岩のことを言います。こちらではライムストーンのひとつに数えられる、カリザカプリの特徴についてご紹介します。

カリザカプリの石肌は、白っぽいややくすんだベージュ地を基調とした細かな紋様が、散らばっているのが特徴です。表面には、ところどころに黒い斑点状の生物の化石を確認することもできます。

caliza-capri-limestone-quarry-slab-2269b

原産地

カリザカプリの原産地は、スペイン南東部のムルシア地方が原産地となります。この地方は、地中海沿岸部に位置する平野部のカルタナヘーナ、セグラ川流域の広大な沃野をもつムルシア、内陸部に位置する山々に囲まれたアルバセテの3地域に区分されます。

またムルシア州は、古来より農業と絹織物がたいへんに盛んです。とくにスペイン国内の有数の農村地帯として、トマト、レタスなどの野菜類、レモン、オレンジなどの果物などが盛んに栽培されており、ムルシア産の農産物は、ヨーロッパ市場に多く出回っています。また近年は、温暖な気候からリゾート地としても知られています。

特徴

何といってもカリザカプリの特徴は、化石を封じ込めた石目の表情にあると言えます。落ち着きのある色合いと独特の模様が浮き出た、風合い豊かな石材と言えるでしょう。

カリザカプリには、光沢のある本磨きと、ツヤを抑えた水磨きのふたつの仕上げ方法があります。見た目にも肌触りや光沢具合などの違いが生じるために、使用場所に適った石材のセレクトが重要となります。

本磨きと水磨きについて

vidraco-moleanos-p331250-1b

本磨き

moleanos-white-limestone-slabs-tiles-portugal-white-limestone-p258650-1b

水磨き

カリザカプリで使用される仕上げ方法は、以下のふたつがあります。はじめに、光沢のある美しい仕上がりとなる本磨き加工について説明します。

石の表面を粗い砥石から細かい砥石まで順番に磨きあげ、最終工程でバフと呼ばれる工具で仕上げて艶を出す方法のことを本磨き加工と言います。天井の照明が石の表面に反射するほどに、滑らかな質感をともなった美しい仕上がりとなります。

つぎに、ツヤを抑えた水磨きと呼ばれる仕上げ方法についてご説明します。水磨きは、本磨きになる手前の工程の粗い砥石で表面を磨いたところで止め、ツヤ消しとも呼ばれる仕上げ方法のことを言います。光沢を抑えられ、本磨きでは生まれない落ち着いた風合いに仕上がる特徴があります。

仕上がりの特徴を活かして、それぞれの使用場所に適った、個性ある空間づくりを目指しましょう。

留意点

石の特徴を把握することは、使用場所やお手入れの際には、どうしても必要となります。
ここでは、カリザカプリについて留意すべき3つのポイントについてご説明します。

吸水性について

吸水性が高い石材となりますので、屋外で使用すると表面の光沢が落ちたり、寒冷地では凍害を受けることがあるので注意が必要です。そのために屋外で使用する際は、撥水処理など特殊な加工を施すことが一般的です。水に濡れる場所での使用は、避けた方が良いでしょう。

強度について

カリザカプリは加工しやすい性質をもっていますが、やわらかい素材の石になりますので、ひび割れやキズなどのダメージを受けやすく、取り扱いの際は注意が必要です。また汚れが付着しやすい石でもあります。

酸性との相性が悪い

酸性の洗浄液を使用すると、石灰質のために石本体が溶解することがありますので、石の特性に合わせた洗浄液を使用して、汚れを落としてください。

使用場所

カリザカプリは主に屋内で利用されることが多いライムストーンです。

屋内での使用例

おもに屋内の建材として、キッチンやトイレの壁を飾るタイル、室内の床材、マンションのエントランス部分に使用する石材として活用されています。手の届くような低い場所を覆う内装材に適していると言えます。ベージュ地を基調としているため、柔らかさと温もりをそなえた空間にアレンジするには、ぴったりの石材と言えそうです。

屋外での使用例

稀にではありますが、良質のカリザカプリは、ビルの壁面などに使われることがあります。国内でもその例が見られるようです。

まとめ

温暖な気候をもつスペインのムルシア地方から産出されるカリザカプリ。古代の生物を封じ込めた悠久の石材を、ひと味違ったエッセンスとして、日常の空間に取り入れてはいかがでしょうか。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

本磨き、水磨き共

400角…12000円

2017年3月のしらべ