ピンクとオレンジの大理石ローズオーロラのご紹介

シェアする

ローズオーロラ(Rose Aurola)のしらべ

calacata-pink-agf-marble-quarry-quarry1-3211b

大西洋に面した、ヨーロッパの西端近くで地上に現れてくる。エレガントで、あでやかな雰囲気の大理石のローズオーロラをご紹介します。ポルトガルで採掘されるのでローザポルトガロとも呼ばれています。白地にピンクの模様が、入りこんでいる優雅な大理石です。しかし色ムラが激しく白っぽいものからピンク系のものまであり、天然石に慣れてない日本人は同じ石種かどうか疑うほど戸惑うかもしれません。

rosa-aurora-marble-slab-portugal-pink-marble-tiles-slabs-flooring-tiles-walling-tiles-p154810-1b

rosa-aurora-marble-slab-portugal-pink-marble-tiles-slabs-flooring-tiles-walling-tiles-p154810-6b

rosa-aurora-classico-marble-slab-portugal-pink-marble-tiles-slabs-flooring-tiles-p154813-6b

rosa-portugal-marble-slabs-tiles-portugal-pink-marble-p269132-6b

rosa-portugal-marble-slabs-tiles-portugal-pink-marble-p269132-3b

rosa-etma-marble-slabs-extra-quality-rosa-portogallo-extra-marble-slabs-tiles-p274044-1b

rosa-portogallo-extra-marble-slab-tiles-rosa-portugal-marble-rosa-portugal-luxury-marble-p154815-1b

rosa-portogallo-extra-marble-slab-tiles-rosa-portugal-marble-rosa-portugal-luxury-marble-p154815-3b

rosa-portogallo-marble-veined-slabs-tiles-pink-polished-marble-flooring-tiles-walling-tiles-p255420-1b

rosa-portogallo-marble-veined-slabs-tiles-pink-polished-marble-flooring-tiles-walling-tiles-p255420-3b

rosa-portogallo-marble-veined-slabs-tiles-pink-polished-marble-flooring-tiles-walling-tiles-p255420-4b

原産地

大理石のローズオーロラは、大西洋に面した、ポルトガルの中南部に位置する、アレンテージョ地方で、産出しています。東をスペイン王国に接する所です。

この地域は、時代の流れを感じさせないような、田園風景が広がります。ポルトガルの穀倉地帯で、農業が主な産業です。ブドウの栽培で、有名なポルトガルのワインも醸造されています。酪農も盛んで、ワインに合う、美味しいチーズなど乳製品も多く生産しています。大理石の採掘や石灰の産出など、鉱山業も主要な産業の一つに挙げられます。

特徴

rosa-portogallo-salmonato-slabs-tiles-pink-marble-tiles-slabs-portugal-p134047-1b

本磨き

白地に、ピンクの流れるような帯状の模様が、入っています。しかし、色や柄にムラが多く、本当に美しい大理石は、ほんの一部です。大半は、ピンクの部分に沿って、グレーや黒の線状、または帯状の色が入っています。

なかには、ほとんど柄が無く、ほぼ白いだけの石もあります。産量は少ないですが、黒やグレーの入っていないものがあります。半透明に近い白の地に、綺麗なピンクの模様が、広くまたは細く流れるように入っています。

このような色模様になる、石は稀です。白地の部分もうっすらと、桃色を帯びているように見える大理石は、まさにローズオーロラと言う、名前の通りのイメージです。

留意点

ローズオーロラを取り扱うときは、次の2点にお気をつけください。

汚れに注意する

全体的に白っぽい、薄い色の大理石なので、汚れが目立ちやすいです。せっかくの綺麗な大理石ですので、こまめにメンテナンスを行った方が、よいでしょう。軽い汚れでしたら、柔らかい布で乾拭きすればいいです。

水濡れにも注意

大理石は吸水性もありますので、水濡れした時には、なるべく早い時点で、水分を取り除いて下さい。濡れたまま放置すると、せっかくのローズオーロラに、シミが残ってしまいます。

適した製品

ローズオーロラは、次のような製品に使われています。

のし台、こね台

パンを作る時に生地をこねたり、麺を作る時に、麺棒で平らにするための、台に使います。大理石は緻密な岩石なので、重量があり、作業するのに安定していて使いやすいです。また、温度も伝えにくいので、生地が柔らかくなりすぎないのも、好まれる点です。なにより、きれいなピンク色なので、楽しく作れそうです。使った後は、綺麗に拭いて、よく乾燥させましょう。

その他、小物

かわいいピンクの色をしている場所もけっこうあるので、小さいものでしたら、いろいろに使えます。例えば洋服に付ける、ボタンも作られています。大理石のボタンなんて、ちょっとオシャレですね。

まとめ

日本でも、昔からなじみのある、ポルトガル。その一地域から切り出されている、優雅な雰囲気のローズオーロラを身近に使えれば、生活空間を豊かにする一因にもなるでしょう。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

300角…22000円
400角…24000円

2017年3月のしらべ