ピンクの大理石ペルリーノロザートのご紹介

シェアする

ペルリーノロザート(Perlino Rosato)のしらべ

とてもおしゃれな感じの大理石をご紹介します。岩石に、かわいいと言うのは妙ですが、薄めのピンク色をしています。ペルリーノロザートと言う名前が付いています。ロザートとは、ワインの「ロゼ」の意味で、まさにロゼの色の大理石です。

perlino-rosa-slab-1732b

原産地

ペルリーノロザートはイタリア共和国の北東部にある、ヴェネト州ヴィチェンツァ県のアシアゴで採掘されています。アドリア海に面した沿岸部から、アルプス山脈の一部を有する山岳部まで、多彩な気候と、地形があります。特に州都のヴェネツィアは、世界でも類を見ない珍しい地形の上に、都市があります。有名な「水の都」と呼ばれているのは、この地質学的な構造のためです。ルネッサンス芸術が数多く残され、今も芸術の振興に、大きな役割を持っている地域です。
権威のあるヴェネツィアビエンナーレなどの近代のイベントや、古くからの祭りも多く、いつも多くの観光客が訪れています。

特徴

板目と柾目がありますが、通常板目での使用が多いです。

本磨き(板目)

本磨き(柾目)

基本はピンク色の大理石です。その中に濃いグレーの線模様が入っています。一方向だけでなく、縦横にあります。また、柄の密度も不規則で、模様と言えるものがほとんど無い場所もあります。このスジ目から、割れや裂け目ができることもあるので、注意が必要です。表面剥離と言って、表面が薄くはがれてしまう現象が起こることもあります。綺麗な色のペルリーノロザートですが、こう言う欠点もあるので、それを配慮した上で使わないといけません。
大理石が生成される時の特徴で、化石が封入されることもあります。ペルリーノロザートはアンモナイトなどの化石が、入っていることが多々あります。大理石の中の化石を見つけるのも楽しいでしょう。

留意点

やさしく取り扱う

模様とか柄とか言われるものは、大理石ができる過程で、温度や入り込んだ金属等で、出来るものです。性質の違うものがとりあえず、一つの岩石になっています。従って柄の多い大理石は、落としたり、ぶつけたりすると、裂け目が生じたり割れたりします。
基本的には緻密な岩石なので、見た目よりは重量があります。足の上に落としたりすると、けがをしてしまいます。施工の際には十分気をつけて、大理石を優しくあつかってください。

適した製品

ペットのクールマット

近年のペットブームで大理石を利用して、ペットのためのクールマットが、多く売られています。とてもひんやりしていて、夏の熱中症予防に適しています。柄の多い部分を使えば、汚れも目立ちにくいです。また、ノミやダニの繁殖も無いので、清潔です。

キッチン用品

ボード状のものを使うこともありますが、加工が容易なので、楕円形や他の形に加工して、カッティングボードやお皿の代わりに、使われています。温度が伝わりにくいので、冷たいものを、盛り付けるのに好都合です。優しい色合いのペルリーノロザートなら、パーティなどの演出にも一役買うことでしょう。

まとめ

はるばるヨーロッパからやってくる、大理石のペルリーノロザートは、日本のあちこちの建造物を彩っています。マンションやホテルの壁や、屋内の柱の外装に使われ、その場の佇まいを、優しく柔らかいものにしてくれています。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

300角…18000円
400角…18000円
600角…26000円

2017年3月のしらべ