マイカリソスレッド ギリシャエヴィアの希少な赤い大理石のご紹介

マイカリソスレッド(Mykalissos Red)のしらべ

ヨーロッパの地中海沿岸で切り出されている、シリーズ物と言えそうな大理石があります。狭い範囲でこれだけ多様な色の大理石が産出されているのはとても珍しいことです。その中の艶やかな赤い大理石が「マイカリソス・レッド」です。

「マイカリソス・レッド」の原産地

ギリシャ共和国で二番目に大きな島がエヴィア島です。この島を含むエヴィア県に「マイカリソス・レッド」の採石場があります。県都はハルキダ市で太古から栄えてきた街です。古代では「カルキス」または「ハルキス」とも呼ばれ、現在も通用する呼び名でもあります。ハルキダとはギリシャ語で「銅」や「青銅」を表す単語ですが、古代から現在にかけても銅は産出していません。エヴィア島の玄関口と言える街で、本土とは2つの橋で結ばれています。本土とは狭い海峡で隔てられているので、古代では本土を侵略から守るために島全体が要塞化されたこともありました。また、古くから海路の要所で、当時の特産品などの輸送を担い、商業都市として繁栄してきました。この地域では大理石の採石の歴史は古く、地域の経済を支える生産品の一つでした。他にも「貝紫」と言う巻貝から採れる紫色の染料も生産され、各地に運ばれていました。「貝紫」は非常に美しい紫色ですが、生産量が少なく、当時の権力者は民間人には使用を禁止していました。

「マイカリソス・レッド」の特徴

本磨き

「マイカリソス・レッド」は、濃い赤の大理石です。赤と言っても赤レンガのような少しくすんだ色で、黒っぽい赤に見える場所もあります。この地域では他にも金茶やグレーなど、様々な色の大理石を産出しています。その様な要因から、赤に黄色が混じり、朱色やオレンジ色に近い地色の石もあります。大理石の赤い色は含有鉱物の赤鉄鉱(ヘマタイト)の色です。赤鉄鉱そのものは黒く見えますが、太古から赤の顔料として使われてきた鉱物です。この赤鉄鉱を多く含有している為、とても濃い赤色になっています。赤い地色の中に白い線模様が走って、模様を織りなしています。糸のように細いものから幅の広いところもあり、紅白のコントラストが魅力的な石です。しかし、色が極端に違うことは含有成分も違ってくるので、赤い部分と白い部分が接している場所は割れやすいと言う欠点があります。それを防ぐために樹脂などで石材の裏側を補強する加工が施された物もあります。

「マイカリソス・レッド」を取り扱う時の留意点

石材は強いイメージがありますが、大理石は脆弱な点もあります。

ほとんどの大理石は元々が石灰岩で、石のなかでは柔らかい部類です。また、基本的に太古の海洋生物が残した骨格や殻が起源の石なので、酸やアルカリ等の化学作用にも弱く、溶けてしまうこともあります。そのような石灰岩の性質を受け継いでいる部分もあるので、大理石は石材としては柔らかくデリケートであると言う事です。磨くと美しい鏡面を得ることができますが、化学作用を受けると短時間で表面がザラザラした感じになってしまいます。また、うろこ状に剥離することもあります。お手入れ等される時には、この点を念頭に入れておいてください。

色味の違い

「マイカリソス・レッド」は、その名の通り赤い色をした大理石です。赤と言っても明るい赤からダークな赤など濃さに違いがあります。また、黄色味を帯びて朱色や橙色に近い物もあります。天然石の宿命とも言える、見た目の違いがある事を考慮して利用してください。

「マイカリソス・レッド」に適した製品

装飾素材として

内装材

模様のランダムさを生かして壁に使われる例があります。タイル状の「マイカリソス・レッド」の模様を均一にするのではなく、あえてバラバラに使い、石材の模様を壁全体の模様の一部にしてしまいます。ビルなどの広い場所に使われると、見応えのする壁面になります。また、濃い赤をアクセントに使われる事もあります。白や薄いベージュの大理石と組み合わせれば、ゴージャスな空間作りに最適な材料と言えるでしょう。

屋外利用

日本では大理石は高級石材なので、外装に使われる事はほとんどありませんが、産出国などでは輸送費がかからない分価格も抑えられています。その為、外装にもふんだんに大理石が使われています。敷石に「マイカリソス・レッド」が使われていて、とても綺麗な歩道になっている場所があります。そのようなエレガントな道では、優雅な気分で散歩ができるのではないでしょうか。

「マイカリソス・レッド」のまとめ

赤大理石の色を出しているヘマタイト(赤鉄鉱)の語源は、古代ギリシャ語で「血」を表す単語と言われています。古代より赤の顔料としてヘマタイトの粉末が利用されていたことから、血の色と表されたのでしょう。ヘマタイトは、ギリシャ神話の「マルス」と言う戦いの神の石と伝えられています。また、マルスは火星の意味も持っています。火星ではヘマタイトが発見されていて、その赤い色は「マイカリソス・レッド」の色と似ているかもしれません。太陽系の中の兄弟の様な星で似た色が現れるのは当然かもしれませんが、素晴らしい事ではないでしょうか。