ベージュ系大理石クレママルフィルのご紹介

シェアする

クレママルフィル(Crema Marfil)のしらべ

crema-marfil-coto-marble-quarry-quarry1-2311b

定番の人気がある、ベージュから黄色っぽい色の大理石、クレママルフィル(クリームマーフィル・クリームマーフィーとも呼ばれています)をご紹介します。大西洋と地中海に挟まれた、スペイン王国から産出しています。使える場所を選ばず、常に一定の人気を保っている、大理石です。

crema-marfil-coto-quarry-quarry2-4414b

crema-marfil-coto-marble-quarry-block-2311b

crema-marfil-coto-quarry-slab-4414b

原産地

大理石のクレママルフィルは、ヨーロッパの西の端の国、スペイン王国のバレンシア州アリカンテ県のノベルダで採掘されています。バレンシア州は、スペインの地中海側に位置します。地中海性気候で、1年を通して温かい所です。古代からの歴史があり、数々の王朝が栄えては、衰退していきました。各時代を象徴する、教会や聖堂も数多く残されています。現代の建造物では、「芸術、科学都市」と名付けられた、美しい建物群があります。近未来的で、メタリックな印象の、芸術と科学の発展のための、複合施設です。劇場や、庭園なども備え、観光客も多く訪れる場所です。

特徴

crema-marfil-marble-tiles-slabs-beige-polished-marble-flooring-tiles-walling-tiles-p62842-1b

本磨き

大理石のクレママルフィルは、スペイン王国でも、最大の産出量を誇る山から、切り出されています。薄い茶色から黄色っぽい色まであり、採石場で少し色が違ってきます。色ムラがあり、スラブ材からの製品はある程度色や柄を合わせることは出来ますが多少の色ムラは避けられません。特に規格品は色の濃淡が激しく色ムラがあるのが普通商品となります。しかし明るい色調で、温かみのある大理石です。やさしい風合いのクレママルフィルは、使う場所を選ばないのが良いところです。疵やピンホールは、少なくないですが最も人気のある大理石の一つと、言えるでしょう。

留意点

大理石は結晶質石灰岩の一種なので、その性質から、石と言うイメージとは裏腹に、デリケートな岩石です。酸性やアルカリに弱く、また、傷も付きやすいです。屋外に使った場合、コケやカビが生えることもあります。以外に手のかかる石なのですが、きちんとお掃除やメンテナンスを施せば、いつまでも美しい持ち味を保てます。それでも、汚れが付いた時には、大理石専用の研磨用具を、使って磨けば、鏡の様な光沢が蘇ります。長い年月、使うことで愛着と風格も増すことでしょう。

適した製品

工芸品

やさしい質感と、淡い模様の大理石なので、小ぶりな美術品が作られています。例えば、時計や花瓶等を作成するのに使われます。こういう調度品があれば、お部屋に高級な雰囲気を出せるでしょう。

内装材

模様が少ないので、ちょっとした小さい面積の場所にも使えます。最近は床の全面を、大理石張りにするのではなく、要所々々に使用する方法も編み出されています。床の一部分に大理石を使って、アクセントをつけ、イメージの向上を図っています。面倒な柄合わせをする必要もなく、上下の向きも無いので、タイル状の大理石を無駄なく使えます。

crema-marfil-classico-marble-quarry-product1-681b

crema-marfil-classico-marble-quarry-product2-681b

まとめ

数々の民族に支配された歴史のある地から、切り出されてきた、大理石のクレママルフィルは、その民族が象徴する、様々な宗教建築物を建立するのに、一役買ってきました。石材は耐久性が高く、大理石は後々まで、その美しさを私たちに見せてくれるでしょう。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

300角…12000円
400角…12000円
300×600…16000円
600角…20000円

2017年3月のしらべ