イタリアの希少な白の大理石カルカッタホワイトのご紹介

シェアする

カルカッタホワイト(Calacatta White)のしらべ

世界中で使われている大理石の中で、様々な種類と量を産出しているのがイタリアです。その中でも随一の生産地と謳われている地域からは、多くの白い大理石が切り出されています。多種にわたる白大理石の中で、希少な白い大理石がカルカッタです。

原産地

イタリア共和国の北部にトスカーナ州マッサ・カラーラ県があります。十五世紀から十九世紀にかけての時期この地はマッサ・カラーラ公国として栄えてきました。その頃から大理石の産地として有名な地域でした。大理石は高級な石材として流通していますが、この地では普通の建築材料として昔から使われてきました。現在でも石段や石畳、家屋に使われた物が残っています。この地域の特産品として有名な物が「ラルド」と言う豚の背油を使った食品があります。塩漬けや燻製にしたものをワインと一緒に供されています。この「ラルド」を作る時に大理石製の桶を使うと言う逸話もあります。

特徴

本磨き

世界中に多く流通している、白大理石のビアンコカラーラが採れる場所と同じ山から切り出されています。基本的には白い地色の大理石です。白地に薄いグレーの模様が大きく入っています。またグレーの部分が青味を帯びている所もあり、色味に違いのあるものが幾つかあります。模様は大変大きく入っているのが一つの特徴です。この模様の違いと色味の違いがビアンコカラーラと区別がつけられている理由です。このように大きく模様の入っている大理石はあまり多く採れないので、希少価値が出てきているようです。

留意点

岩石ですが繊細な点もあります。

大理石は緻密な石ですので、磨けばとても美しいツヤのある鏡面になります。しかし、石としてはやわらかい部類に入ります。そのことから言えるのは傷が付きやすい事、または、欠けたり割れたりする可能性が高いという事です。特に鏡面に加工された物は少しの傷でも目立ちます。床面に使用する場合は多少ツヤを抑えた加工にすることで、傷を目立ちにくくする事と、滑りにくくする利点を引き出しています。美しい床面でも、安心して歩けなかったら台無しになってしまいますね。

適した製品

まさに、建築物の内側を装う事のできる材料です。

壁に

大きなサイズのカルカッタを、そのまま壁に貼り付けるように使われている例があります。モノトーンに近い色で大きく描かれた絵画の様に見える大胆な使用方法です。清楚な色合いが、ホテルなどのロビーにふさわしい素晴らしい素材と言えるでしょう。

床に

大きな模様のあるカルカッタをある程度の大きさのタイル状にして、わざと模様をランダムにして敷き詰めている所があります。元から入っている模様を違うように見せることで、天然の石であることを前面に押し出している使い方です。一枚として同じ柄はありません。このような床も面白いのではないでしょうか。

浴室に

洗面台に

天板に

まとめ

大理石のカルカッタが採れる所は、イタリアで最大の白大理石の産地で種類、量共に多く採石されている場所です。そのため、採れる時期と場所で見た目の色が違うものがあります。その色合いの違いで「カルカッタ・ホワイト」「カルカッタ・グレー」「カルカッタ・ボルギーニ」などいろんな別名があります。柄の入り方が激しく、まるで別の石に見えるようなところもあるので、日本人には扱いにくいところもあるようでカルカッタのシリーズは日本では見ることが少なくなってきているようです。