サルデーニャの大理石ブレッチア・サルダのご紹介

シェアする

ブレッチア・サルダ(Breccia Sarda)のしらべ

地中海沿岸は色々な種類の良質な大理石の宝庫です。その中で、ベース使いにぴったりな印象の大理石があります。地中海の美しい青い海と太陽に照らされた島から切り出されている、大理石の「ブレッチア・サルダ」をご紹介します。

原産地

西部地中海のほぼ真ん中に浮かぶサルデーニャ島は、イタリア共和国の西側に位置する地中海では二番目に大きな島です。九州と四国の中間くらいの面積があります。この島にはヨーロッパだけでなく、アフリカや中東の影響を受けたとみられる独特の文化があり、イタリア本土では見かけないような特有の料理もあります。謎の多い島で、はるか昔にヌラーゲと呼ばれる人々が住み着いたようですが、この人々については詳しいことが解明されていません。同じくヌラーゲと呼ばれる石造の遺跡が島の各所に残っています。また、希少種の生物が幾種類か生息していますが、本土で普通にみられる種がいないと言う特有の生物相があります。

特徴

本磨き

地模様のあるベージュからピンク系の石です。全体的に色が薄く、スジのような模様が入っていますが、あまり濃い色ではありません。ブレッチア(角礫岩)特有の小石が入っているために見える、丸や角い模様が細かく入り組んでいるのが地模様のように見えます。スジを挟んで層をなしているところもあります。この種類の石の特徴として、吸水率が高いことが挙げられます。様々な小石が寄り集まってできていることから、わずかな隙間があります。小石同士が完全に密着することがないので仕方のないことですが、この点をよく知った上で使用することが大事です。

留意点

岩石は頑丈なイメージですが、あくまでも天然の素材です。

石材は基本的には硬く丈夫な素材です。種類も豊富で、濃くても薄くても自然の優しい色合いをしています。しかし、種類に応じた脆弱性もあります。「ブレッチア・サルダ」は薄目の色の礫岩です。吸水性が高いので、なにも処理しないまま水気のある所で使うと大変なことになる場合があります。ベージュやピンク系の石は鉄分を含有していることが多く、水分によってサビが出ることがあります。薄い色の石ですと、サビが浮くと濃い茶色にシミが出来ます。症状がひどくなると、専門家でも完全に取り除くことはできません。使用する場所や用途によっては、使う前に撥水処理などを施した方がよいでしょう。

適した製品

屋内によく使われます。

床や階段
ヨーロッパでは昔から石造りの家が多く建てられていました。現在でも基本は新建材を使っても、仕上げに石材を使うことが多く見受けられます。「ブレッチア・サルダ」は温かみのある色と細かな地模様があるので、広い場所に使うことで一段と素晴らしさを引き出せるでしょう。

天板
キッチンや洗面台の天板にも使われます。特にサニタリー空間ですと、石材は衛生面で活躍できます。吸水しないようにコーティングを施しておけば雑菌が繁殖することはなく、汚れた時には、普段でしたら乾いた柔らかい布で拭くだけで十分です。明るい色の「ブレッチア・サルダ」は温かく、さわやかな雰囲気の室内を演出できるでしょう。

まとめ

サルデーニャ島の東側にある小さな町で切り出されている大理石の「ブレッチア・サルダ」の採石場は、町の広さより大きな場所です。上空から見ると広い範囲で白く見えます。地中海の青い海と大理石の白い石に囲まれるようにして佇む、オロゼーイと言う町から切り出される大理石の「ブレッチア・サルダ」は建物を飾る最高の素材ではないでしょうか。