白い御影石ホワイトインペリアルのご紹介

シェアする

ホワイトインペリアル(White Imperial)のしらべ

地球儀で見るとブラジルは日本の反対側にあります。地理的に一番遠い国です。そんな遠い地で採掘されている御影石があります。熱帯地方で産出する、さわやかな白い御影石のホワイトインペリアルをご紹介します。

原産地

ブラジル連邦共和国の大西洋岸に小さな州があります。エスピリトサント州と言うブラジルで4番目に面積の小さい州です。赤道に近い熱帯地方のこの地域には、欝蒼としたジャングルが広がっています。しかし、山脈から涼しい風が下りてくる場所もあります。そんな立地条件の良い所では、コーヒーの栽培が行われています。昔からコーヒーの栽培は盛んでしたが、最近では付加価値を付けるために農薬を減らす試みもされています。一段と美味しいコーヒーを作り出す努力がなされています。収穫されたコーヒーの大半は、州都であるヴィートリアの港から世界中に輸出されています。


特徴

本磨き

ジェットバーナー仕上げ

白い御影石の中でも柔らかい色合いの石です。白と薄いベージュが混じった、生成り(きなり)と言う色に近い色をしています。その中に濃い茶色と黒の粒が混じっています。一般的に石材の御影石と言うのは、花崗岩を指しますが、黒い粒はその構成物質である黒雲母の色です。ホワイトインペリアルの白い色は長石(ちょうせき)と呼ばれる石の種類で、長石は白系の花崗岩では成分の大半を占めています。石目は中から小目ですので、硬い部類に入ります。また、劣化や風化にも強い石材です。

表面の仕上げについて

基本的に御影石には表面を研磨した「本磨き仕上げ」と、表面の鉱物をバーナーで高温にして飛ばす「JB(ジェットバーナー)仕上げ」があります。

本磨き仕上げは年月が経っても光沢が落ちにくいため外壁などに適しています。JB仕上げは表面に凸凹があり、ザラザラしているので滑りにくく、床材などに適しています。JB仕上げにすると本磨き仕上げに比べて色見が薄くなります。

この本磨き仕上げとJB仕上げの両方を使用して、壁面や床面をデザインすることができます。

留意点

白い色であることに気をつける

使用場所

ツヤ消しの加工を施した御影石は、床材に使われることが多いです。しかし、床に使うと傷や汚れが入りやすくなります。特にツヤ消しの場合は表面がザラザラしているので、なおさらホコリなどが付着しやすいです。白い色はどんな汚れも目立ちますので、こまめなお掃除や、お手入れが欠かせません。

お手入れ

御影石は比較的に吸水率が低いので、水洗いができます。水洗いだけで落ちない汚れは、洗剤を使うこともできますが、中性洗剤をお勧めします。御影石は化学変化にも割と強い方ですが、初めて洗剤を使う時は目立たない所で試して下さい。後々の汚れの原因になることもあるので、洗剤を使ったときはしっかりと洗剤成分を落として下さい。

適した製品

さわやかな白はどこにでも似合います。

石造品

一般に石で形作られたものを石造品と呼びます。昔からある灯篭や庭の手水鉢の様なものです。最近では洋風の建物にも似合う照明器具も作られています。昔で言う行燈ですね。モダンな形の中にLEDライトなどを使って、カラフルな照明を作り出しているものなどがあります。ホワイトインペリアルは石が白いので、どんな色を持ってきても映えますね。

壁材

建築物の内外に使用されます。白は冷たいイメージがありますが、ホワイトインペリアルは柔らかな白なので、洗練された上品な感じに仕上がります。鏡面に仕上げられた美しい石材は、建物のグレードも上げられるのではないでしょうか。

まとめ

赤道のすぐ南にある熱い地方で切り出されている、涼しげな白い御影石のホワイトインペリアルは、はるばる2つの大洋を越えてやってきます。遠くの国の大地に眠っていた御影石は、地球を半周して建築物を美しく飾り、生活に潤いをもたらしてくれる様々なインテリアにもなります。硬い石の中に新しい形を見出せれば、もっと違う使い方もできるのではないでしょうか。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

本磨き

400角…18000円

2017年3月のしらべ