ピンク系の大理石ノルウェジャンローズのご紹介

シェアする

ノルウェジャンローズ(Norwegian Rose)のしらべ

evernote-camera-roll-20161208-092342-20

北極圏にほど近い、極寒の地から産出される、優雅で気品のある大理石のノルウェージャンローズをご紹介します。一年の大半が雪で閉ざされる、北欧の山から、信じられないくらい美しい大理石が地上に現れます。

rosa-norvegia-marble-norwegian-rose-marble-slabs-tiles-norway-red-marble-p340152-1b

原産地

北欧の国ノルウェー王国の中ほどにある、ヌールラン県のファウスケ市と言う所から、切り出されています。ノルウェーの主要な大理石の産地です。主な産業は北極海における漁業です。タラ漁が盛んで、鮭の養殖も行われています。ほとんどが輸出され、はるばる日本までやってきて、食卓を飾ってくれる魚です。農業は酪農がメインで、牛やヤギが飼われています。
極に近い場所では、白夜やカーモスと呼ばれる、太陽の昇らない期間があります。荒々しい大自然は、多くの観光客も引き寄せています。

特徴

(色ムラがあるので2枚掲載しました)

norwegian-rose-marble-slabs-tiles-norway-pink-marble-p36225-1b

本磨き

norwegian-rose-marble-slabs-tiles-p29524-1b

本磨き

ノルウェージャンローズは、その名の通り地の色が、きれいなバラ色で、非常に美しいエレガントな大理石です。はっきりしたピンクの地色に、白や緑の模様が入っています。模様はかなり大きいものから、糸の様な細い物までいろいろあります。そのまま和服にできそうな色合いと、細かな柄のもの。地色とは言えピンクの色が、白と緑とほぼ同じくらいの割合で、入っている大胆な模様もあります。これほど様々な姿を見せてくれる大理石は、他に類を見ないでしょう。

留意点

お手入れが大事です。

一番の特徴の色と柄を損なわないように、お手入れをこまめにする、必要があります。大理石は、長い年月で、味のある雰囲気になることもありますが、通常は色が白っぽくなります。汚れが付いた時には、柔らかい布で、乾拭きして下さい。それでも取れない汚れは、薄い中性洗剤を利用して、硬く絞った布で素早く水分を除いて下さい。

適した製品

天板

カウンターやテーブルの天板に利用されます。地色がピンクなので、お部屋が華やかになるでしょう。地色というより、ピンクの部分も模様の一つと言った方がよいくらいに、大きめの柄でしたら、よりゴージャスな雰囲気になります。

インテリア小物

とても煌びやかで素敵な大理石ですが、高価な石でもあります。お部屋のアクセントになるような、ステーショナリーなども作られています。小さめの柄でしたら、小物でもノルウェージャンローズの持ち味を、損なうことはないでしょう。小さいサイズのタイルをコースターなどに、利用するのもいいですね。ただし、使ったらすぐに、柔らかい布等できれいにしないといけません。

evernote-camera-roll-20161206-151142-59

まとめ

オーロラの閃く大空の元、極寒の大地が長大な時間をかけて育んできた、大理石のノルウェージャンローズ。雪に閉ざされた山から、切り出される華麗な大理石は、まさに地球からの贈り物でしょう。
大理石のノルウェージャンローズの生まれる地域には、もうひとつ素晴らしい自然の舞台が、繰り広げられています。「大理石の城」と名付けられた場所があるのです。グロモガ川と言う、氷河から流れ出る流域に、大理石と川の水が作り出した壮大な景色があります。ノルウェージャンローズが生み出されるのも、納得のいく風景です。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

300角…45000円
400角…45000円

2017年3月のしらべ