ベージュの石灰岩モカクリームダークのご紹介

シェアする

モカクリームダーク(Moca Creme Dark)のしらべ

moca-creme-limestone-quarry-quarry1-3202b

ライムストーンは、珊瑚や貝などの遺骸が海底や湖底の地表で固まった、生物源に由来する石灰岩のことを言います。このページではライムストーンのひとつに数えられる、ポルトガルのモカクリームダークについてご紹介します。

moca-creme-medio-limestone-quarry-block-334b

moca-creme-medio-limestone-quarry-slab-334b

原産地

モカクリームダークは、ポルトガル中部に位置するサンタレン県とリスボン県にまたがるリバテージョ地方アルカネデのペー・ダ・ペドレイラで採掘されています。この地方を横断するテージョ川を中心に、岩石丘陵の連なる西部地域と,ゆるやかな高原の広がる東部地域に分けることができます。

テージョ川の東部に位置するサンタレン県の都市・サンタレンは、ポルトガルの大航海時代を経済面で支えた地域であり、ポルトガルの芸術史上においても、たいへん重要な地域として位置づけられています。

また同県の都市トマールに現存するキリスト教修道院は、「世界遺産トマールのキリスト教修道院」として世界遺産に登録されているなど、リバテージョ地方は、歴史と文化の息づく伝統ある土地柄なのです。

特徴

mochacreamdark

本磨き

mochacreamdark

水磨き

モカクリームダークは、やや濃いベージュの肌地に、ブラウン調の点柄が平行およびやや斜に入った紋様に特徴があります。ライムストーンの代表石・モカクリームライトの艶やかで明るい色地と比較すると、その名にある通り、ややくすんだ粗い目に特徴がある石材と言えます。

場合によっては、その表面に生物の化石を確認することもできます。モカクリームダークは自然の風合いを感じさせる表情豊かな石材なのです。

この石材には、艶やかな光沢を放つ本磨き仕上げ、ツヤを抑えてやわらかい風合いに見せる水磨き仕上げ、と二種類の仕上げ方法が存在します。ご使用の空間に適う石材をセレクトして、モカクリームダークの特質をうまく引き出してみましょう。

留意点

モカクリームダークについて留意すべきポイントについてご説明します。

酸性質のものを避ける

ライムストーンは、炭酸カルシウムを主成分とするために、耐酸性の性質を持ち合わせておりません。そのため酸に侵されますと、表面が溶解するなどの症例が見られますので、お手入れの際は中性洗剤をご使用になるなど、配慮が必要となります。

水濡れに注意

ライムストーンの石材は、吸水性が高いという性質が備わっています。雨風にさらされる屋外や、屋内での水回りでのご使用は、シミなどの原因となりますのでご注意ください。また屋外の寒冷地では凍害を受けることがありますので、ご使用になる場所には注意が必要となります。

やわらかい性質のために

モカクリームダークは、熱による変成作用を受けていない石灰岩にあたるために、たいへんやわらかい素材の石となります。そのためにダメージを受けやすく、汚れやすいという特徴もありますので、くれぐれもご注意ください。

使用場所

主に屋内の建材として、玄関や室内の壁面や床部分に利用されていることが多いです。

まとめ

歴史と文化の息づくリバテージョ地方から産出されるモカクリームダーク。細かなブラウン調の点柄がアクセントとなり、空間内に落ち着いた雰囲気を与えてくれます。涼やかなモカクリームライトの肌地とは違った、自然の風合いをお楽しみください。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

水磨き

400角…13000円
400×600…13000円
600角…16000円

2017年3月のしらべ