岡山県笠岡市の御影石北木のご紹介

シェアする

北木(Kitagi)のしらべ

豊かな海の幸に恵まれた瀬戸内海。この海の幸は豊富な魚介類だけではありません。温暖な海に浮かぶ幾つかの島では良質の御影石が産出されています。その中の一つに御影石の北木(きたぎ)石があります。日本国内の重要な建築物に昔から使用されてきました。

原産地

岡山県笠岡市の沖合に笠岡諸島があります。その中で一番大きな島が北木島です。周囲約18kmの小さな島ですが、いくつかの古墳も発見されていることで古代から人が住んでいたと考えられます。笠岡港から船で約1時間の沖合に位置します。主な産業は漁業と採石です。豊富な海の幸と火山灰を利用した「灰干し」が有名で、漁業と石材技術が融合した特産品となっています。年中行事としては三百年続く「流し雛」が行われています。麦わらで作った船に紙のお雛様を乗せて無病息災を願い海に流す行事で、毎年三月に島の東側にある大浦地区で取り行われています。

特徴

本磨き

ジェットバーナー仕上げ

江戸時代から重要な建造物に使用されてきました。一例をあげると、大阪城の石垣や靖国神社の大鳥居、京都五条大橋も北木石が使われています。基本的には白い御影石です。黒雲母花崗岩で、含まれる鉱物によって四種類に分けられています。「中目」「瀬戸赤」「瀬戸白」「サビ石」に分けられ、現在も採石されているのは「中目」と「瀬戸赤」の二種類となっています。「中目」は一般的な白御影石と同じく、白地に黒雲母の粒子が入っているモノトーンの色合いの石です。「瀬戸赤」は中目を薄いピンクに染めたような、優しい色合いをしています。緻密な御影石ですが、加工も容易で様々な石造品も作られています。

表面の仕上げについて

基本的に御影石には表面を研磨した「本磨き仕上げ」と、表面の鉱物をバーナーで高温にして飛ばす「JB(ジェットバーナー)仕上げ」があります。

本磨き仕上げは年月が経っても光沢が落ちにくいため外壁などに適しています。JB仕上げは表面に凸凹があり、ザラザラしているので滑りにくく、床材などに適しています。JB仕上げにすると本磨き仕上げに比べて色見が薄くなります。

この本磨き仕上げとJB仕上げの両方を使用して、壁面や床面をデザインすることができます。

留意点

現在は良質の石だけが切り出されています。

戦後の混乱期には、あまり質の良くない北木石も採石されていました。基本が白い御影石なので、サビが浮き出たり変色が出たりすると、とても目立ちます。そう言う経緯で北木石はサビが出ると今でも言われることがあるようです。天然の石ですので、全くそのような事にはならないとは言えませんが、現在では銘石の名に恥じない良質な石だけを切り出しています。白い御影石は汚れも目立ちますので、美しい表面を保つためにもお手入れもこまめにしてください。

適した製品

小物使いで生活空間を飾る

屋外では

庭に置く手水鉢や灯篭、色々な置物が作られています。緻密な石材ですが、加工がしやすいと言うことで細かな細工を施すことができます。お庭に高級な雰囲気をもたらしてくれるでしょう。また、表札やネームプレートも、お家の顔としての大役を果たすのに不足はありません。

お部屋に

小さいサイズの石板でコースターが作られています。紙や布のコースターと違って結露によるグラスの水滴でくっつくこともありません。しかし、なんと言っても石ですので、グラスなど食器を傷める事もあるので、優しく扱ってください。

マルチプレートと言って様々なサイズの鏡面加工の石板もあります。お皿の代わりにしたり、細かな柄がマウスパッドにも最適です。

まとめ

御影石を切り出すのは重機も使いますが、北木石は職人さんが長年培ってきた技でノミとハンマーによって採石しているところもあります。昔はたくさんの丁場がありましたが、今では丁場湖と呼ばれる池の様になっています。垂直に切り出された所に、雨水が長い年月をかけて溜まった所です。場所によっては海面より低く掘られている所もあります。北木島の採石の歴史を語る風景の一つと言えるでしょう。