緑の大理石インドじゃもんのご紹介

シェアする

インド蛇紋(India Green Marble)のしらべ

india-green-marble-forest-green-marble-rajasthan-green-marble-quarry-quarry1-4421b

古代文明が栄え、様々な王朝が興っては衰退していった。そんな地域に、とても美しい、緑の石の採石場があります。歴代王朝の要塞都市が、残るインドのラジャスターンから、インド蛇紋は切り出されています。

kesariaji-green-marble-forest-green-marble-quarry-block-4350b

india-green-marble-forest-green-marble-rajasthan-green-marble-quarry-slab-4421b

india-green-marble-forest-green-marble-rajasthan-green-marble-quarry-product1-4421b

原産地

大理石のインド蛇紋は、インドの北西部にある、ラジャスターン州のウダイプル県で切り出されています。西側にパキスタンとの国境が、あるところです。インドで最も広い面積を、有する州です。主な産業は農業で、米や大麦、トウモロコシを栽培しています。羊やヤギ、ラクダの放牧も、行われています。また、繊維産業も盛んで、絹や綿織物と染色が盛んです。輸出の主要な品目です。日本でも、鮮やかな色と柄の、インド綿の布地が販売されています。
大変古い歴史のある地域で、この地もインダス文明の一端を、担っていました。700年から1,000年前頃には、様々な王朝に支配された土地でもあります。その時代の寺院が世界遺産にも登録されています。

特徴

india-green-marble-forest-green-marble-rajasthan-green-marble-quarry-tile-4421b

本磨き

インド蛇紋は商業上、大理石に区分されていますが、地質学で言えば蛇灰岩(じゃかいがん)又は、蛇紋岩に分類される岩石です。緑から深い緑色の石です。方解石(ほうかいせき)を多く含んでいて、半透明から白い色をしています。炭酸カルシウムで、できているので、石灰岩と同じ、欠点があります。研磨することで、鏡面効果が得られ、光に反射すると、キラキラと美しく反射します。このような外見ですので、商業面では大理石に区分されています。
蛇紋の中では、色が薄めで、白い柄も少ないです。緑の濃淡が模様のように見えます。和名で言う、若緑から暗緑色まで、微妙に違う緑色のグラデーションが美しい石です。白い部分の少ないものは、疵も少なく、比較的割れにくいでしょう。

留意点

デリケートな石です

蛇紋は、柔らかい部類の岩石です。ナイフで軽くこすっただけでも、傷がついてしまいます。また、風化作用も受けやすいので、屋外に使うのは、お勧めできません。しかし、表札の素材に、人気のある石です。床面などにも使われています。こうした、傷が付く要因のある場所に使用するときは、コーティングを施した製品がお勧めです。施工後にコーティングすることもできます。専門業者に、お願いするのが一番ですが、個人でもできる液体のコーティング剤が、市販されています。

適した製品

内装材

色が濃い目なので、省スペースな場所でも、インパクトのあるイメージが作れます。ホテルなどの、トイレや洗面所の床に、使われている例もあります。また、アクセントをつけるためにも、壁面の一部分に使用されています。

インテリア

ニッチと言う、壁にくぼみをつけて、飾り棚を作る時の棚板に使われます。室内の感じが、落ち着いた、豪奢な雰囲気に包まれるでしょう。また、将棋盤も作られています。どっしりとした重みと、美しい緑の盤で、打つ将棋は一味ちがうかもしれません。

まとめ

インダス川が流れる、古代文明が栄えた地は、今は砂漠になっています。タール砂漠と言う名の、この地にはインド最大の油田があります。ここは、地球が太古から育んできた、大地の恵みがたくさんある場所です。インド蛇紋もその一つですね。美しく、さわやかな風情のインド蛇紋は、生活空間を気品のあるものに、してくれるでしょう。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

300角…12000円
400角…12000円

2017年3月のしらべ