スペイン産のグレーの御影石グリスキンターナのご紹介

シェアする

グリスキンターナ(Gris Quintana)のしらべ

ヨーロッパ大陸の西の端、イベリア半島の中ほどから切り出されている御影石があります。灼熱の真っ赤に燃えるマグマが、時間が止まったかと思うほどの期間をかけて冷えた後に出来上がる岩石が白っぽい色をしていることもあります。グリスキンターナは白っぽいグレーの御影石です。

原産地

スペイン王国の西にポルトガルとの国境を接しているエストレマドゥーラ州という自治州があります。そのエストレマドゥーラ州の中のバダホス県カストゥエーラ司法管轄区の中のキンターナ・デ・ラ・セレーナが産地になります。バダホス県はスペインの県の中で一番面積の広い地域です。ここは世界的に有名な「イベリコ豚」の原産地でもあります。スペイン政府が認めたもののみ「イベリコ豚」の名称で出荷できる、厳正なブランドを保っている黒豚です。飼育方法でランクも違ってきます。最高級なものはどんぐりを食べて大きくなります。もちろん普通の飼料で育った豚もたくさんいます。この豚から作られる生ハムは絶品と称されています。

特徴

本磨き

ジェットバーナー仕上げ

モノトーンが美しい御影石です。白を基調として黒や灰色の粒子が同じくらい入っています。白地に黒のドット模様があるように見えます。御影石は全体的に風化や化学変化に強い石材です。普通の場合では、風化が始まるのは数百年かかるとも言われています。昔から屋外でも多く使われています。しかし、近年の大気汚染などにより多少は劣化も早くなっているようです。また、御影石は火に弱い性質を持っています。この弱点を利用した、バーナー加工と言う表面のツヤを消す方法も取り入れられています。

表面の仕上げについて

基本的に御影石には表面を研磨した「本磨き仕上げ」と、表面の鉱物をバーナーで高温にして飛ばす「JB(ジェットバーナー)仕上げ」があります。

本磨き仕上げは年月が経っても光沢が落ちにくいため外壁などに適しています。JB仕上げは表面に凸凹があり、ザラザラしているので滑りにくく、床材などに適しています。JB仕上げにすると本磨き仕上げに比べて色見が薄くなります。

この本磨き仕上げとJB仕上げの両方を使用して、壁面や床面をデザインすることができます。

留意点

いつまでも美しさを保つために、表面に違いでのお手入れ方法

ツヤのある表面では

基本的に吸水率は低いのですが、濡れた時にはなるべく早く拭き取ってください。表面の汚れが水分と共に浸み込むとシミの原因になってしまいます。また、油汚れの時には洗剤を使いますが、この時は中性洗剤を使用することをお勧めします。洗剤を使った後はしっかりと洗剤成分を落としてください。残るとシミの原因になってしまいます。

ツヤ消しのザラザラした表面では

床面の場合などは、まず、箒等でホコリや土を掃き取ってください。その後は、汚れ具合を見てツヤのある表面の物と同じ様な工程でお手入れをします。こまめにお手入れすることで、美しさを長く保つことができるでしょう。

適した製品

外壁

原石から彫刻のように加工します。

歩道

歩道にはピンコロのように切断された材料を使います。

ローマの柱

かなり大きい原石が取れるので、ローマの柱のように制作したものがあります。

生活空間を彩る

ガーデニング調度

御影石のテーブルや椅子が作られています。最近では洋風なお庭に似合うスタイリッシュなデザインや、コンパクトな物もあります。白いさわやかな色合いで、花々や木々を引き立ててくれるでしょう。お天気の良い日に、お庭でのティータイムなど素敵なひと時を過ごすのもいいですね。

オブジェ

御影石で作られた色々な置物があります。サイズも様々で、小さい物は机の上に飾るのがちょうど良い大きさの物から、お庭や玄関先に飾るくらいの大きさの物まであります。招き猫や犬と言った動物から抽象的な形の物など、多種多様な置物が作られています。

まとめ

御影石のグリスキンターナはイベリア半島の中央に近い所で切り出されています。キンタナ・デ・ラ・セレナと言う町の市街地に近い場所に丁場があります。グリスキンターナに似た白い街並みのある町です。平らな地面を掘って行くように採石されている御影石は、なんだか身近に感じることもできるでしょう。