中国産のグレーの御影石G654のご紹介

シェアする

G654のしらべ

石切り場または採石場の一番小さい単位は丁場と言います。その丁場の名前を一つ一つ付けた御影石があります。G654は比較的狭い地域で数種類に分類されている御影石で、他にこのような分け方をされている石材はありません。それだけ色ムラが多い石種だとも言えます。

原産地

中国産御影石の一大生産地である福建省の?州市にある平和県(へいわ、ポンホー)に複数の丁場があります。平和県は数ある中国茶の産地の中でも、少し変わったお茶を生産しています。芽吹いたばかりの新芽だけを使った「白芽奇蘭茶」(はくがきらんちゃ)と言う名のお茶です。半発酵の中国茶で、お茶を入れた時の香りが蘭の花を連想させるのでこの名前が付きました。この地域も古い歴史の有る所で、美しい絵付けの陶器を生産していた窯跡も残っています。日本の江戸時代の頃のことで、ここで作られたお皿や茶器も当時の日本に入ってきていました。


特徴

中国産のグレーの御影石で一番よく見かける石材です。丁場によってG654の後に名前が付いています。

グレー系の御影石は中国産だけではありませんが、必ず濃淡の色ムラが生じます。その色ムラは建築石材として使用する場合、クレームの原因となることが多いです。G654は何種類も日本に輸入されていますが、建築石材として輸入される石種はある程度品質が安定している長泰と角美の2種類が多いようです。G654にはそれ以外にも長楽、平和、甫田、屏南などといった種類があります。

長泰(ちょうたい)

角美より全体的に色が濃く見えます。

本磨き

ジェットバーナー仕上げ

角美(かくび)

南アフリカ産の黒御影石「インパラブラック」の代替品として使われることがあったので「中国インパラ」とも言われています。G654の中では一番目が粗いです。

本磨き

ジェットバーナー仕上げ

ビシャン仕上げ

表面の仕上げについて

基本的に御影石には表面を研磨した「本磨き仕上げ」と、表面の鉱物をバーナーで高温にして飛ばす「JB(ジェットバーナー)仕上げ」があります。

本磨き仕上げは年月が経っても光沢が落ちにくいため外壁などに適しています。JB仕上げは表面に凸凹があり、ザラザラしているので滑りにくく、床材などに適しています。JB仕上げにすると本磨き仕上げに比べて色見が薄くなります。

この本磨き仕上げとJB仕上げの両方を使用して、壁面や床面をデザインすることができます。

留意点

採石場がたくさんあります。

先に記した通り、G654は比較的狭い範囲の地域ですが、多数の丁場で採石しているので質の違う物があります。見た目の色や柄もまったく違うように見えるので、G654の番号だけでなく、例えば「G654 長泰」などの名称がきちんと付けられている石材を、目的に応じて使用することをお勧めします。

適した製品

生活空間を豊かにする品々

一枚のタイルから

様々なサイズの御影石タイルが売られています。安価で手に入りますが、天然石のちょっとした贅沢感が得られます。例えば、ペットのためや足を乗せて夏の暑さをしのぐクールマットに使用できます。安定した重量と鏡面の滑らかさは、マウスパッドにも最適です。

小物など

ティッシュケースや傘立て、プランターなども作られています。小物一つで玄関や、お部屋の雰囲気が変わることもありますね。また、御影石製の将棋盤もあります。どっしりとした将棋盤での一局は、よい勝負ができるのではないのでしょうか。

まとめ

同じ番号で、これほど多様な御影石が採石されている所は他に類を見ません。採石の時期や深さで色や柄の変わることもありますが、そこは天然の石だからこそではないでしょうか。言ってみれば全てが一点物です。アイディア次第で色々な新しい使い方もできるのではないでしょうか。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

本磨き、ジェットバーナー仕上げ共

300角…8000円
400角…8000円
300×600…8000円
600角…13000円

ビシャン仕上げ

300角…12000円
400角…12000円
300×600…12000円

2017年3月のしらべ