中国カパオと呼ばれる赤御影G386のご紹介

シェアする

G386のしらべ

中国産の御影石は番号が付いていて、最初の数字は産地を表しています。ナンバーズ・グラニットと呼ばれていて、似た色の御影石を間違えることはありませんが、商業的には味気ない物を感じます。そこで、他の国で採石されている御影石で似た色の石の名前を借りる事があります。G386はブラジル産のカパオ・ボニートに似ていることから「中国カパオ」と呼ばれることがあります。

原産地

中華人民共和国は大変古い歴史の有る国です。十四世紀から十七世紀にかけて栄えていた明の時代に書かれた、伝奇小説の舞台に設定されていた場所が山東省にあります。「水滸伝」の舞台である「梁山泊」です。「滸」は「ほとり」と言う意味で、「水のほとり」を表していて「梁山泊」は沼地とされていました。小説を元に様々なドラマや映画も作られていますが、数年前には中国で新しいドラマを撮影するために、日本円で数十億円をかけて舞台となる街が作り上げられました。現在では、テーマ―パークの「水滸伝パーク」として観光客に開放されています。

特徴

本磨き

ジェットバーナー仕上げ

中国産の赤御影石の代表的な石材と言われています。南米のブラジルから産出している「カパオ・ボニート」によく似ている色と石目をしています。御影石の赤と言うのは深紅ではなく、赤茶色をしたものが大半を占めています。これは含有鉱物の鉄分が溶け出して酸化した、いわゆる錆の色です。構成物質の長石が、この錆に染まって赤い色を出しています。従って色の濃い所と薄い所があります。G386は若干薄目の色になっています。石目は中くらいで、グレーと白い結晶が混じっています。また、赤茶色から黄色っぽくなる色味の違いで、G386の後に数字を付帯して分けている場合もあります。

表面の仕上げについて

基本的に御影石には表面を研磨した「本磨き仕上げ」と、表面の鉱物をバーナーで高温にして飛ばす「JB(ジェットバーナー)仕上げ」があります。

本磨き仕上げは年月が経っても光沢が落ちにくいため外壁などに適しています。JB仕上げは表面に凸凹があり、ザラザラしているので滑りにくく、床材などに適しています。JB仕上げにすると本磨き仕上げに比べて色見が薄くなります。

この本磨き仕上げとJB仕上げの両方を使用して、壁面や床面をデザインすることができます。

留意点

御影石は自然の産物であることを念頭に入れる。

御影石のG386は比較的濃い有色の石材です。石目も中くらいで、柄はあまり大きくありません。このような御影石の場合、採石された場所や時期によっては色が若干変わる事があります。地表に近いところから採石されたものと、地中深くから切り出されたものでは色の濃さが違ってきます。G386の様な赤系の御影石では、深い所から採石されたものは黄色味を帯びてきます。このように色が変わるのは自然の産物ならではですが、広い場所や、追加で石材を購入する際には注意が必要になります。

適した製品

劣化や風化に強いので、屋外や床面に使う事ができます。

床や階段
御影石のG386は比較的濃い赤い色をしているので、床一面ではなく部分的に使われることがあります。白やグレー等の薄い色と合わせることによって、お互いの色をよりよく引き出せます。床に使われる時は、歩く人の安全のために表面にザラつきを持たせた加工になっています。表面加工の違いで色が少し違って見えるので、模様を持たせるようにもできます。

ガーデニング
サイコロ状の石材を多数組み合わせて、花壇仕切りに使う事ができます。また、板状の御影石を使い踏み石にします。G386の赤茶の色はアースカラーと言えるので、お庭の雰囲気をアップさせる素材ではないでしょうか。

まとめ

御影石が出来上がるのは数億年から数十億年と言う、気の遠くなるような時間がかかります。その中でも有色の石は様々な偶然が組み合わさって色が決まります。赤い色のG386は、長い時間と奇跡の様な自然の偶然で出来上がっているのですね。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

300角…9000円
400角…9000円
300×600…9000円

2017年3月のしらべ