中国産ピンクの御影石G364のご紹介

シェアする

G364のしらべ

人々が住む空間や活用する空間などの場を居心地良くするために、様々な調度品や素材があります。素材一つでも雰囲気がずいぶんと変わることがあり、石材もそんな素材の一つです。いろいろな種類と色がありますが、中国で採石されている明るく華やかなイメージの御影石のG364をご紹介します。

原産地

中華人民共和国の山東省には多くの地下資源が眠っています。まず、北東部にある油田は中国国内で第二位の埋蔵量を誇っています。また、埋蔵量が十指に数えられる炭田があり、石炭も多く産出しています。これらをエネルギー源とした、化学工業や機械等の重工業が発達しています。他にも、日本で言う御影石の花崗岩や石灰岩等の各種石材の元になる石の採石や、金の鉱山もあります。金の埋蔵量と産出量は中国一位を誇っています。

特徴

本磨き

ジェットバーナー仕上げ

中国産ピンク系の御影石は、「桜御影石」と言う名前で日本に紹介されることが多くあります。しかし、中国は広い国ですので、専門家でも見ただけでは区別がつかないこともあり、ナンバーを確認することが大事です。G364は基本的にピンクの御影石ですが、少し黄色味の有るものもあります。中目の柄で、白とピンクとグレーの結晶が同程度の大きさと量で入っています。見た目の特徴のひとつに、真っ黒な粒子があまり見当たらないと言う事が挙げられます。そのような見た目から、柔らかく明るい感じのする御影石となっています。

留意点

石材は硬くて重い物です。

G364は明るく優しい感じの色合いですが、天然の岩石です。御影石は石材の中でも、緻密な石なので小さくても重量があり、とても硬いものです。移動する時や、施工の時など十分に注意して扱って下さい。落としたりぶつけたりすると、怪我をする可能性があります。また、御影石に傷がつくことがあり、最悪の場合割れることがあります。落とした時には、床などに傷がつくこともあります。気をつけて、優しく扱ってください。

表面の仕上げについて

基本的に御影石には表面を研磨した「本磨き仕上げ」と、表面の鉱物をバーナーで高温にして飛ばす「JB(ジェットバーナー)仕上げ」があります。

本磨き仕上げは年月が経っても光沢が落ちにくいため外壁などに適しています。JB仕上げは表面に凸凹があり、ザラザラしているので滑りにくく、床材などに適しています。JB仕上げにすると本磨き仕上げに比べて色見が薄くなります。

この本磨き仕上げとJB仕上げの両方を使用して、壁面や床面をデザインすることができます。

適した製品

お庭や公園を彩る。

家庭でも公共の場でも癒しの効果が庭や公園にあります。御影石は庭や公園などの緑化地帯を作り上げる為の、基礎の部分を受け持つことができます。また、木々や草花で囲まれた場所に一層の彩りを添える調度品などもあります。

ピンコロ
れっきとした石材用語で、おおむね十cm角の小さめな石材です。このサイコロ状の石を組み合わせて花壇の仕切りなどに使います。

飛び石、踏み石
平らな石材で、アプローチや遊歩道に使います。多少の凸凹があります。雨や散水で濡れても滑りにくくするためです。自然な形や丸、四角など色々な形があります。

テーブルやベンチ
お散歩の一休みや、お庭でのティータイムにぴったりな調度品が作られています。御影石は風雨にあまり影響を受けないので、屋外の使用でも短期間で劣化することが無いよい素材と言えるでしょう。

照明器具
昔は灯篭や行燈でしたが、最近ではスタイリッシュなものや、かわいい形のものが色々と作られています。光源もLEDのおかげで、小さくても明るい照明が得られます。

まとめ

御影石は主に三種類の鉱物で成り立っています。白い長石、半透明の石英、そして雲母です。この中の雲母は光を反射して、とても良く光ります。特に、自然な凸凹のある表面に太陽の光が当たるとキラキラと輝きます。G364の淡いピンク色の中に煌めく光は、お天気の良い屋外では一層綺麗に見えることでしょう。公園等の公共の場には御影石がよく使われています。御影石の煌めきを、お散歩の時などに楽しんでみるのもいいですね。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

本磨き、ジェットバーナー仕上げ共

300角…7000円
400角…7000円
300×600…7000円
600角…12000円

2017年3月のしらべ