薄い茶系の大理石エンペラドール ライトのご紹介

シェアする

エンペラードールライト(Emperador Light)のしらべ

dark-emperador-marble-quarry-quarry1-2800b

小粋な印象のある、大人っぽい色の、大理石のエンペラドール ライトをご紹介します。スタイリッシュな皇帝を連想するような、シックでちょっと格好いいイメージの大理石です。

dark-emperador-marble-quarry-product1-2658b

dark-emperador-marble-quarry-product3-2658b

原産地

大理石のエンペラドール ライトは、ポピュラーな柑橘である、バレンシアオレンジの一大生産地である、スペイン王国のバレンシア州に採石場があります。地中海気候の特徴である、一年を通して、温暖な気温であることを利用した農業が盛んな地域です。

バレンシアオレンジを代表とする、柑橘類やオリーブなどの果樹も、多く栽培され、輸出の主要品目になっています。有名ではありますが、バレンシアオレンジの原産は、アメリカ合衆国のカルフォルニアです。また、お米もたくさん作られています。「パエリア」発祥の地と言われるのも、納得できますね。

特徴

marron-emperador

本磨き

黒に近い茶色を、そのまま薄くした感じの大理石です。白い線がたくさんあり、網目模様を形成しています。白い柄が多い物もあり、色調がまちまちです。地色が濃い石でしたら、特にエレガントに見えます。

しかし、色見にムラが多く、激しく濃淡が現れることもあります。狭い場所や小さいものに使う時は問題ありませんが、壁面など広い所に使う時は気をつけなければいけません。

また、網目の様な、細い線状の模様がたくさん入っているので、疵も多くあります。大理石が生成される時の条件で、ピンホールがあるのも否めません。天然の大理石の、宿命の様なものです。製品にされる時に、樹脂やセメントで穴埋めされたものが、通常の市販品です。

留意点

エンペラドール ライトを取り扱うときは、次の2点に気をつけてください。

水周りにも使用できますが・・・

落ち着いた色で、模様も綺麗ですが、ピンホール多いです。穴埋めされた、製品がほとんどですが、吸水性は高いです。色抜けや、割れの原因になってしまいます。洗面所など、水をよく使う場所に使用するときは、お手入れをこまめにしてください。

お手入れでの注意

大理石は酸にとても弱いです。酸性の洗剤は、絶対に使わないでください。酸性ほどではありませんが、アルカリにも弱いので、どうしても洗剤を使う時は、中性洗剤を薄めて使用して下さい。その後は、逆にシミになってしまいますので、すぐに拭き取ってください。

適した製品

エンペラドール ライトは室内製品によく利用されています。

インテリア

テーブルの天板や、サイドボードの天板に使われます。色ムラがある大理石ですが、天板に使うくらいの大きさでしたら、問題ありません。落ち着いた色と模様で、お部屋を高級な雰囲気にしてくれるでしょう。

床材

床全面に使うのもいいでしょう。また、モザイクの模様部分に、使われることもあります。一面同じ色よりも、お洒落な空間になります。

まとめ

地球を半周して、はるばるヨーロッパの地から、やってくる大理石のエンペラドール ライトは、ライトとは言え、色の濃さが様々で、かなり黒っぽい石もあります。白系の大理石と一緒に使えば、また一層持ち味が引き出せることでしょう。適材適所で、有意義な使い方が、できたら素敵ですね。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

300角…16000円
400角…16000円

2017年3月のしらべ