南アフリカの赤御影石アフリカンレッドのご紹介

シェアする

アフリカンレッド(African Red)のしらべ

アフリカのイメージにぴったりくるような御影石があります。エネルギッシュな野生動物達や、生命の始まりを表すような色の赤い御影石のアフリカンレッドをご紹介します。

原産地

南アフリカ共和国の北部には、歴史や悠久の時間を感じることができる場所があります。およそ千年前に栄えた王国の「マプングブェ」は、短い期間で衰退してしまったので謎の多い王国です。現在の中東地域やアジアの国々との間で、象牙や金の交易を行っていたようです。黄金製の遺物や遺跡があり、世界遺産にも登録されています。また、世界で一番大きなバオバブと言われる、樹齢約六千年の木があります。バオバブは繊維を布等に加工したり、実を薬や食糧とするなど、聖なる木として昔からこの土地の人々に珍重されてきました。

特徴

本磨き

ジェットバーナー仕上げ

クリアな感じの濃い赤い御影石です。御影石は学術的には大部分が花崗岩です。花崗岩の構成物質の組み合わせや、それぞれの量などで色合いや柄の大小が違ってきます。アフリカンレッドの赤い色は、長石(ちょうせき)と言う鉱物に酸化した鉄分が含まれることによって引き出されています。その他、半透明の石英や光を反射する雲母が主な成分です。鏡面加工の場合は色がはっきりと表れ、赤い色の周りに透明な部分があり、黒に近いグレーの中から赤い色が浮かび上がってくるように見えます。また、バーナー加工のようなツヤ消しの場合は、赤とグレーの混ざったような色に見えます。通常は粒子の大きさが数ミリメートルくらいで、柄の大きさは小から中くらいとなっています。

取り扱う時の留意点

美しさを長持ちさせるために注意することがあります。

御影石は天然石の中でも風化や劣化、また化学作用にも強い石材なのでお手入れも比較的簡単にできますが、御影石の特性を知った上で適正なお手入れをしてください。日頃は簡単な拭き掃除や床でしたら掃き掃除で十分です。汚れがひどい時は洗剤を使用することもできますが、この時は中性洗剤を使い洗剤成分はしっかり拭き取ってください。洗剤が残っていると、シミやくもりの原因になってしまいます。せっかく掃除しても台無しになってしまいますので、気を付けてください。

表面の仕上げについて

基本的に御影石には表面を研磨した「本磨き仕上げ」と、表面の鉱物をバーナーで高温にして飛ばす「JB(ジェットバーナー)仕上げ」があります。

本磨き仕上げは年月が経っても光沢が落ちにくいため外壁などに適しています。JB仕上げは表面に凸凹があり、ザラザラしているので滑りにくく、床材などに適しています。JB仕上げにすると本磨き仕上げに比べて色見が薄くなります。

この本磨き仕上げとJB仕上げの両方を使用して、壁面や床面をデザインすることができます

適した製品

目をひく色の御影石は存在感があります。

オブジェなど石造品
屋外に設置してあるモニュメントや記念碑、芸術作品としての彫刻品等が作られています。御影石は緻密で硬い石材ですが、ある程度機械で切り出した後は人の手によって細かな細工も施せます。記念碑などは文字を彫り込むことも多いですが、職人の手によって様々な書体の文字が刻まれています。

天板
テーブルや飾り棚などの棚板に、また、ショップのカウンタートップに使用されます。濃い色なので、お部屋が暗くなるような感じがしますが、鏡面に磨かれた表面に照明の光が反射して華やかなイメージを持たせることができます。アフリカンレッドの調度品は天然石の高級感と、濃い赤色で粋な空間を作り出す役割を果たせるのではないでしょうか。

まとめ

花崗岩は地球上のどこでも見られる、ありふれた岩石です。風化に強い石ですが、長い年月で風化した花崗岩は真砂土と呼ばれる土砂になります。花崗岩の一部は御影石として古くから良い石材となっています。その中でも、色の濃い御影石は種類が限られています。アフリカンレッドの様な濃く美しい赤の御影石は少なく、希少な石材となっています。大地の贈り物として大事に使っていきたいですね。