ラピスラズリ(Lapis Lazuli)を探して

ラピスラズリを探して

人類が最初に石を手に持ち、そして文明を築くようになるまで悠久の時が過ぎました。
狩猟民族になくてはならぬ道具として、穀物を調理し食を豊かにするための道具として、大自然の神々に豊穣と繁栄の祈りを捧げて悪霊の邪気を追い払う信仰の対象として、石は人類の黎明期から生活文化にかかせないものでした。
また太古の昔から幾多の文明、文化が生まれ滅ぶという時の流転の中で、石だけは永遠に残り失われた文明を、文化を、無言のメッセージとして私たちに伝えてくれます。 そして遠い未来の私達の子孫に、この二十世紀文明と文化の誇りとして、警鐘として伝えていくのも石なのです。

今から約三万二千年前、今までの人類の平均寿命四十歳から計算すると遥か八百世代以上前の先史時代の先祖たちは、色のついた岩石を砕き動物の脂と混ぜて顔料(絵の具)を作り、洞窟に動物の絵を描いていました。
南フランスのショーヴェ洞窟の洞窟画は三万二百年から三万二千年前のものと断定され人類最古の絵画といわれています。

時代は移り、今から六千年前の昔エジプト人は、ラテン語で“天空の石”を意味するラピスラズリという青い石を得るため、遠くアフガニスタンまで交易をしました。
この青い石は最も高貴な神秘的な力を持つ聖石といわれ、同量の黄金と交換されていました。 後のキリスト教文化でも“青は聖なる色”とされ、レオナルド・ダ・ヴィンチも「最後の晩餐」のキリストや受胎告知の聖母マリアの衣服にラピスラズリを砕き着色していました。

ラピスラズリの原産地

バダフシャーン州



ラピスラズリのまとめ

ラテン語のラピスとアラビア語のラズリとの造語と言われています。

古代ローマ時代では、恋人たちの愛と夢を守る石と崇められた歴史も伝えられています。

フェルメールも

日本でも、仏教の世界で「七宝」のひとつで瑠璃と呼ばれて、幸運のお守り石となっています。

ラピスラズリには洞察力や決断力を高め、心の邪念を取り除き幸運と成功をもたらす力があると言われています。

ラピスラズリは、鉱物の一種で、主にアフガニスタン、チリ、ロシア、イタリア、エジプトなどの地域から産出される青色の宝石です。古代エジプトや中東の文明では、神聖な石として扱われ、彫刻や装飾品などに用いられていました。

ラピスラズリは、主に方珠状の結晶を持つ方解石、黄鉄鉱、輝石などの鉱物の混合物からなります。青色の基調に、黄色や白色の粒状の模様が特徴的で、美しい模様が現れるものは高級品とされています。

ラピスラズリは、美しい色合いや模様から、宝飾品や彫刻、美術作品などに用いられます。また、古代から医療や宗教的な儀式に用いられた歴史があります。

また、ラピスラズリには、精神を安定させる効果や、直感力や創造力を高める効果があるとされ、ヒーリングストーンとしても用いられています。