角面取りのご紹介

シェアする

角面取り

%e8%a7%92%e9%9d%a2

石材の小口の角に幅の広い面取り加工を希望するときは、角面の部分を5mmとか10mmとかに指定して加工することができます。

通常石材の表面は本磨きなどに仕上がって糸面取りはしてありますが、見える小口は切りっぱなしで小口磨きはありません。

小口とは石材の周囲の面のことをいいます。いわゆる石材の厚みの部分です。
通常石材の厚みは以下のようになっています。

タイル状の規格品
300mm×300mm・・・厚み10mm
400mm×400mm・・・厚み12mm、13mm、15mm
600mm×600mm・・・厚み20mm

スラブ材からの製品
スラブ材(約1500~2000mm×約2500~3000mm)・・・厚み20mm、25mm、30mm、40mm、50mmなどから加工したもの