赤い割り肌のインド砂岩レッドのご紹介

シェアする

インド砂岩レッド(India Red Sandstone)のしらべ

lyons-red-sandstone-colorado-red-sandstone-quarry-quarry2-2879b

インド砂岩レッドは、暖色のレッド地をベースに、白色の斑点が表面に散らばる特有の質感をもつ石材となります。このページでは、インド砂岩のひとつに数えられる、インド砂岩レッドサンドストーンについてご紹介します。

red-sandstone-sichuan-quarry-quarry2-727b

agra-red-sandstone-p204068-1b

agra-red-sandstone-p452262-1b

agra-red-sandstone-tiles-p113640-1b

原産国

インド砂岩レッドサンドストーンは、インド砂岩ベージュ同じインド北西部に位置するラジャスタン州のジョードプルで産出されています。

ラジャスタンの州都はジャイプール。「ピンクシティ」とも呼ばれる通り、旧市街地にあるハワーマハル城の壁面は、インド砂岩レッドで建造されています。州西部には広大なタール砂漠が広がり、砂漠化する以前は、世界の四大文明に挙げられるインダス文明が栄えていた土地でもあります。

繊維製品、また染色技術が発達し、石油、天然ガスなどの地下資源が豊富に埋蔵されているところです。また、州内にある丘陵要塞は、「ラジャスタン州の丘陵要塞群」として、2013年にユネスコの世界遺産に登録されました。

現在のラジャスタン州一帯は、インドの正統的な戦士の末裔を名乗る「ラージプート」の居住地であったために、州名は「ラージプートの土地」を意味する「ラージプーターナー」から名づけられています。

特徴

agra-red-sandstone-p491445-1b

割り肌

インド砂岩レッドサンドストーンは、赤色をベース地とした表面に、白系の斑点が混じるザラついた質感に特徴があります。岩石片や鉱物片の岩屑が水に運ばれて堆積・形成された岩石のことを砂岩と言いますが、この石材は時間の経過とともに表面が風化する傾向があります。

また生成過程で不純物が混ざることがあるために、しみや、筋のないものが良質とされる石材です。自然石には石柄や色調のバラつきが見られますが、この石材は比較的色調が均一に整っています。

一般的な仕上げ方法としては、石材をそのまま立ち割った割肌仕上げが主流となります。また石材の特質として光沢は生じません。

留意点

インド砂岩レッドサンドストーンの留意点についてご説明します。

汚れが目立ちやすい

インド砂岩は、他の砂岩と比較すると、やや吸水率の高い石材となりますが、屋外に利用するなどの際は、汚れや苔などの付着が見られますので、十分なお手入れが必要となります。砂岩の石材は、耐火性と耐酸性に優れています。

やや強度に不安

砂岩は、岩石片や鉱物片が水に運ばれて堆積した岩石であるために、他の石材と比べると、やや強度に不安がある石材です。車庫などの床材に利用すると、車両の重みなどによりダメージを受けるケースがあります。使用場所を考慮してご利用ください。

その他

インド砂岩レッドサンドストーンは、比較的均一に色や紋様が整った石材ではありますが、ご利用になる際は、試しに数枚を使用場所にあてながら、全体のバランスを調整してみることをお勧めします。

適した製品

インド砂岩のレッドサンドストーンは屋内では、内装材として壁面やフロア床、屋外では外壁、床面などに敷く乱形石として利用されることが多いようです。またホテル、美術館、銀行などの壁面にも多く利用されている、人気の高い石材です。

modak-sandstone-slabs-tiles-india-red-sandstone-p248421-1b

まとめ

温もりのある赤地と独特の風合いを見せるインド砂岩のレッドサンドストーン。石表面に散らばる白系の斑点が小雪を思わせて、いいアクセントになっています。エキゾチックな雰囲気を醸す風合い豊かな石材で、あなたの日常空間を彩ってはいかがでしょうか。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

割り肌

400角…10000円
400×600…10000円

2017年3月のしらべ