アルゼンチンで採掘される白御影石グリスペルラのご紹介

シェアする

アルゼンチン産グリスペルラ(Gris Perla)のしらべ

南アメリカ大陸の南部の山から切り出され、数百kmの陸路と二つの大洋を越えて輸入される御影石があります。日本から一番遠い地域で採石されている、御影石のグリスペルラをご紹介します。

原産地

アルゼンチン共和国のほぼ中央にサンルイス州があります。アルゼンチンの国土のほとんどを占める、「パンパ」と呼ばれる大草原の中にある、標高が約七百メートルの高原地帯です。肥沃な土地が多く、牧草がよく育ち世界有数の牛や羊の放牧地となっています。この地域では、毎年一月に自転車の国際ロードレースが行われています。ツール・ド・サンルイスと呼ばれるレースで、山岳コースや平坦なコースなど多彩なコースがあり、世界中からたくさんのチームが参加しています。南米ですので、一月は年間を通して一番暑い月になります。

特徴

本磨き ベージュ

本磨き グレー

ジェットバーナー仕上げ

白系と茶系がある御影石で、切り出された時期と場所で若干色が違います。一般的に御影石は花崗岩が多いのですが、その含有物質の種類と量で見た目がずいぶんと違ってきます。主な構成物質は石英と長石と白と黒の雲母です。石英はグレーで透明感があり、長石は白い色をしています。雲母は白若しくは黒で不透明ですが、光に反射してキラキラと光ります。グリスペルラはグレーの中に白、若しくは茶色から黄色に近い色が大きく入っていて、その周りを取り囲むようにして黒雲母の粒子が点々と入っています。吸水率が高めなので、サビやシミが浮き出ることがあります。

表面の仕上げについて

基本的に御影石には表面を研磨した「本磨き仕上げ」と、表面の鉱物をバーナーで高温にして飛ばす「JB(ジェットバーナー)仕上げ」があります。

本磨き仕上げは年月が経っても光沢が落ちにくいため外壁などに適しています。JB仕上げは表面に凸凹があり、ザラザラしているので滑りにくく、床材などに適しています。JB仕上げにすると本磨き仕上げに比べて色見が薄くなります。

この本磨き仕上げとJB仕上げの両方を使用して、壁面や床面をデザインすることができます。

留意点

若干脆弱な所があります。

御影石は石材の中でも風化や劣化に強く、化学作用にも強い性質を持っています。しかし、まったく影響を受けないわけではありません。グリスペルラは吸水率が少し高いので、サビやシミが出やすい性質を持っています。吸水率が高いと水分と一緒に汚れも吸ってしまいます。この汚れの成分がシミの原因となります。また、御影石の構成物質の中の鉄鉱物が水の影響を受けて錆びてしまい、その色が浮き出てしまいます。このような状態にならないように日頃のお手入れと、表面の防護処置をすることで防ぐこともできます。

適した製品

建材に使われます。

床や石段、庭の飛び石などに使われます。この場合はツヤを抑えて表面に多少の凸凹を付けた物を使います。雨などで靴底が濡れた状態で歩くと滑りやすくなりますので、転倒防止のために滑りにくい加工が施されています。安心して歩けるように配慮されています。

屋内外の壁や柱などの装飾のために石板状の御影石が使われます。グリスペルラの見た目の特徴を、より引き出すためにツヤを出した鏡面加工の物が多く使用されます。また、表面の加工の方法で色が違って見えるので、ツヤ消しの何種類かの加工の物と組み合わせてデザイン性の高い壁に表現されることもあります。

まとめ

サンルイスは南半球なので日本と季節が反対です。緯度が高いので夏もあまり気温は上がりません。しかし大草原のおかげで冬も寒さが少ないようです。大草原の西端にはアンデス山脈があり、その端の一部の山からグリスペルラは採石されています。壮大な山脈のわずかな恵みでも生活空間を豊かにすることができるのは素晴らしく、自然の偉大さが感じ取れるのではないでしょうか。