中国産の黒御影G684のご紹介

シェアする

G684のしらべ

一言で黒御影石と言ってもいろいろな石があります。真っ黒に近い御影石から、ほぼ灰色のものまで様々です。天然の岩石ですので一つとして同じものが無いのは当然です。その中でもG684は一風変わった黒御影石です。

原産地

中華人民共和国の海に面した福建省に寧徳市があります。その地区にある福鼎市(ふくてい、フーディン)がG684の採れる所です。ここは、お茶の産地で有名な所で、中国茶の中でも華やかな香りがさわやかな「ジャスミン茶」や、紅茶の一種になる原材料のお茶の葉を栽培しています。観光名所としては、「太姥山」と言う山が有ります。信仰の対象にもなっていますが、なによりその景色が素晴らしい山です。多数の奇岩や巨岩が林立する風景は、まさに大自然の奇跡と言ってよいでしょう。登山道が整備され、多くの国内、海外の登山客が訪れています。


特徴

本磨き

ジェットバーナー仕上げ

学問上では御影石と言う岩石はありません。石材としての呼び名となっています。一般的に御影石は花崗岩ですが、G684は玄武岩です。花崗岩と同じく火山岩の一種になります。磨くと美しい鏡面になるので、石材としての御影石とされています。G684は六方石と呼ばれる柱状節理(ちゅうじょうせつり)の石です。これは柱状に林立した形の岩石になります。したがって大きなサイズの石材は採れません。色は濃いグレーの中に浮かび上がるような黒い模様が入っています。この模様も黒御影石の中では、あまり見かけない珍しい柄になっています。他の黒御影石と同じく、吸水率は低いので風化や劣化には強い石材となっています。

表面の仕上げについて

基本的に御影石には表面を研磨した「本磨き仕上げ」と、表面の鉱物をバーナーで高温にして飛ばす「JB(ジェットバーナー)仕上げ」があります。

本磨き仕上げは年月が経っても光沢が落ちにくいため外壁などに適しています。JB仕上げは表面に凸凹があり、ザラザラしているので滑りにくく、床材などに適しています。JB仕上げにすると本磨き仕上げに比べて色見が薄くなります。

この本磨き仕上げとJB仕上げの両方を使用して、壁面や床面をデザインすることができます。

留意点

濃い色は色あせする事があります。

季節変化

風化には比較的強いですが、やはり長い年月風雨にさらされると劣化することがあります。一番目立つ変化は、色が褪せてくることです。バーナー加工などのツヤを消した表面でしたら気になりませんが、鏡面加工ですと色が濃いので白っぽく見えてきます。

化学変化

季節変化に比べて短時間で色褪せしてしまう事があります。御影石は酸やアルカリにもやや耐性がありますが、やはり天然の産物ですので薬剤等が直接付くと色が褪せて、ひどい時には表面がざらついてくることがあります。

色褪せした時には磨き直すことができれば、元の美しさを取り戻すこともできます。専用の薬剤で綺麗になることもあります。しかし状態によっては、元通りにならない場合もある事を念頭に入れなければいけません。

適した製品

独特の黒御影石を使いこなす。

スピーカーボード

色々なサイズのタイル状のものが売られています。天然石は、その重量と電気を通さないと言う利点があります。重量があるおかげでスピーカーから出る音の振動が伝わりにくいことで、すっきりとした音質になります。また、電気を通さないのでノイズを拾うこともありません。粋な黒い御影石で、オーディオ周りも一段とランクアップできるのではないでしょうか。

天板

大きいサイズの石材は採れない石ですが、カウンタートップや洗面台の天板に使うくらいのサイズなら採石されているようです。個性的な模様のある黒い御影石の天板は、ショップの雰囲気もシックで落ち着きの有るものになるでしょう。

まとめ

中国産の御影石は記号のような名前で、味気ない気がします。ですから、別名をつける事もあるのでしょう。G684は「フォレスト・ブラック」又は「チャイナ・ブラック」と言う名前もあります。メーカーによっては、記号より別名の方を優先している所もあるようです。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

本磨き、ジェットバーナー仕上げ共

300角…9000円
400角…9000円
300×600…9000円
600角…15000円

2017年3月のしらべ